中国シルクロード旅行記(7)敦煌莫高窟

6日目の観光はいよいよ敦煌の「莫高窟」(ばっこうくつ)です。今回のツアー参加者の多くは莫高窟を見るのが最大の目的だったようで、私もそうでした。
莫高窟は敦煌市の近郊にある仏教遺跡です。鳴沙山の東の断崖に、南北1600mに渡って掘られた700あまりの洞窟があり、その中に約2400の仏塑像が安置されています。壁には一面に壁画が描かれ、総面積は4500㎡にもなります。紀元前336年に楽(らそく)和尚により創建されたとされ、その後、元朝までの約1000年間にわたり造り続けられました。建築、彫塑、壁画の保存状態や芸術性の高さには目を見張るものがあります。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。現存する洞窟数は492ですが、その内常時公開されているのは40あまり。他に別料金が必要な特別窟があります。
莫高窟の外観です。
c0051938_832135.jpg


先ず最初に大画面のスクリーンがある映写室で全体の解説があります。
莫高窟が他の観光地を異なるのは、この施設の専門ガイドの案内でしか見学が出来ないということです。今回のようなハイシーズンになると日本語が出来るガイドは限られているので、手が空くまでかなり待たされました。
ようやくガイドが来て、最初に莫高窟のシンボルともいうべき9層の屋根をもつ建物の96窟の前に案内されます。ここで記念写真を撮る人が多い。内部には高さ35メートルを超える大きな弥勒菩薩の座像が鎮座しているそうですが、見学は出来なかった。
c0051938_854215.jpg

見学時間は約1時間30分ほどで、1ヶ所が5分位で10か所程度回ります。どこの窟を回るのかは、その時のガイド次第で、こちらからリクエストすることは出来ません。順不同でかなりの速さで回るので、付いて説明を聞くのが精一杯といった所です。
内部は一切撮影は禁止です。
見学した窟の外観は下の写真の通りです。
c0051938_835711.jpg

c0051938_841074.jpg

c0051938_842212.jpg

c0051938_843462.jpg

内部は感嘆の声が上がるほど素晴らしいんですが、時間に追われて余韻に浸るヒマがありません。
特別窟として今回は57窟と156窟を見学しました。入場が制限されているので多少はユッタリできましたが、それでも説明は短時間で終わってしまいます。特別窟の見学は事前予約制ですが、実際には個人で申し込みは不可能のようで、旅行社を通じての手配となっているようです。
もし、今公開されている窟を全て見学しようと思ったら、何回かに分けて見に来るしかありません。
見学者にとっては誠に不便な仕組みになっています。
それでも毎年多くの観光客が押し寄せるのは、展示物にそれだけ魅力があるという証拠でしょう。

先ほど書いたように内部の撮影は一切禁止なので、皆さんに紹介が出来ません。
止むを得ず、いくつかの写真集から画像を採取し、紹介します。
菩薩と脇侍像は、唐代前期の塑像で、左から比丘(びく)、菩薩、天王の順です。老練な比丘と力強い天王、それと慈愛に満ちた菩薩との対比が鮮やかです。
c0051938_863411.jpg

李聖天図は、10世紀にホータンを統治していた李聖天を描いたもので、彼は当時、毘沙門天の後裔と信じられていました。
c0051938_87372.jpg

脇侍菩薩図はあまりに有名ですが、中央は観音菩薩で、周囲に菩薩や釈迦の弟子が並んでいます。
c0051938_872722.jpg

壁画(部分)は、中国神話の神や異獣たちが描かれていて、現代のイラストを見ているような気分になります。
c0051938_874969.jpg

脇侍菩薩像は北魏時代の塑像で、木の芯に幾重にも葦や草を巻き付け、その上に粘土を塗って固め彩色したものです。
c0051938_894029.jpg

三尊像は隋の時代の塑像で、こうした塑像がやがて東大寺の日光・月光菩薩像につながって行くのです。
c0051938_895825.jpg

飛天図は莫高窟の壁画でも大きなテーマのようで、数が多い。飛天は諸仏の背景に描かれる天人で、歌と踊りがうまいとされ、多くは楽器や花などを手にして宙を舞っています。特徴的なのは、空を舞っているにもかかわらず翼をもたないというところです。
c0051938_8102159.jpg

以下は、壁画が描かれた当時の人々の生活が偲ばれる作品です。横長なのでこのサイトに収めると圧縮されて内容が分からなくなります。縦長で表示しますので、右横を下にしてご覧ください。
収穫の図。
c0051938_8104846.jpg

供養図。
c0051938_8113660.jpg

伎楽の図は、楽器演奏に合わせて舞を舞っている姿が描かれています。
c0051938_8115843.jpg


莫高窟の見学の後は、空路、西安に向かいます。
西安に着いてから夕食は精進料理ということでしたが、どこが?という内容だったので紹介は省きます。
今回の食事は昼食も夕食もいわゆる中華料理で、回転テーブルの上に次々と大皿が並べられ、そこから自分の分を取り分けて行くというスタイルです。メニューに大差がなくどこも同じ様な料理が出てきたので、紹介は省略しました。

7日目は西安の兵馬俑観光などで、観光の最終日となります。
[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2015-09-06 10:02
懐かしい気分になりますね。
Commented by kanekatu at 2015-09-06 11:36
佐平次様
農耕図なんて見ると、まだ私が子供の頃の農家の作業を思い出します。千数百年経てもあまり変わってなかったんですね。莫高窟の絵や像を見て、古代からの日本と中国の結びつきの強さを改めて感じました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kanekatu | 2015-09-06 08:13 | 中国 | Comments(2)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る