パキスタン見聞録(10)ハラッパ

現地ガイドのサリヌさんと添乗員Mさん。サリヌさんは日本映画のロケをフンザで行った時に俳優やスタッフの通訳をしたら、映画にも出られたそうです。よっ、色男!
c0051938_09194720.jpg
ムルタンからラホールの間は鉄道が通っています。
c0051938_09203361.jpg
この線路の敷設のために、ハラッパ遺跡から大量の資材が運び出されてしまいました。
c0051938_09210206.jpg
パキスタンの建築資材の多くは焼きレンガなので、こうしたレンガ焼成工場は沢山あります。
c0051938_09213773.jpg
遺跡の近くの公演で、少年たちがクリケットをしていました。この後、彼らは私たちが遺跡見学を終えるのを待っていて、一緒に記念撮影したり、臨時のサイン会をしたりと、歓迎を受けました。
パキスタンではクリケットが最も人気のあるスポーツで、国際大会で優勝したことがあるそうです。
c0051938_09220041.jpg


ハラッパの遺跡は既に19世紀には発掘されていました、当時は何の遺跡か分からなかった。その後、1922年になってモヘンジョダロを発掘したR・D・バナルジーによる数次の調査によってインダス文明との関係が明らかになりました。
その後も調査は繰り返し行われ、インダス式土器一式のほか印章や、紅玉髄を始めとする各種貴石製ビーズ類が出土しています。
このため、インダス文明の別名としてハラッパ文化という名称も使われています。
ハラッパでは紀元前3300年~同1700年前後にわたって、居住が確認されています。
惜しまれることに、遺跡の焼きレンガなどが鉄道敷設の資材などに使われてしまい、遺跡全体の保存状態は非常に悪いのです。
現在も周辺住民が遺跡の近くに墓地を作り、それも年々拡大し遺跡にも一部入り込んできている状況です。阻止するために壁がようやく作り始めたという段階で、まだまだ文化遺産を守ろうという意識は低いようです。
この辺りは墓地だったらしい。
c0051938_09225690.jpg
ハラッパ遺跡の中心部にあたる城塞部。奥に見える壁は新しく造られたもの。
c0051938_09234340.jpg
城塞部で、中央に城壁の一部が残っています。
c0051938_09240844.jpg
井戸。
c0051938_09242973.jpg
蓋が付いている排水溝。
c0051938_09251232.jpg
手前が井戸で、左奥がゴミ箱。
c0051938_09253413.jpg
16世紀に建てられたムガール帝国時代のモスク。
c0051938_09255643.jpg
市街地で、この辺りに一般庶民が住んでいたらしい。
c0051938_09263798.jpg
同じ大きさの部屋が並んでいるので住居ではと推定されているらしいが、少し小さすぎでは。
c0051938_09270724.jpg
穀物倉庫。
c0051938_09273464.jpg
穀物の脱穀所として使われていたようです。
c0051938_09280507.jpg
溶鉱炉。金属を溶かす技術があったということでしょう。
c0051938_09285273.jpg
正直、ガイドの説明でそうなのかと思うだけで、それぞれがどの役割を果していたのは良く分からなかったというのが本音です。
それだけ保存状態が悪いという事です。
数少ないインダス文明の遺跡なので、貴重な遺産を守ることにもっと本腰を入れて欲しいものです。
付属の博物館を見学しましたが、特に印象の残る展示物はなかったと思いました。
c0051938_09294944.jpg
出口で出会った母子。ママの手にはスマホが。パキスタンでもスマホを持っている人を頻繁に見かけました。
c0051938_09301998.jpg


バスは一路ラホールに向かい、夕方ラホールのホテル、ホスピタリティインに到着。
ここも良いホテルでした。
c0051938_09305991.jpg

c0051938_09313192.jpg

夕食はメインが串焼き。
c0051938_09321240.jpg
デザートは甜瓜でしょう。
c0051938_09324162.jpg





[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2017-03-14 09:54
遺跡の保存に国際組織は手を貸せないのでしょうか。
人類共通の遺産ですものね。
Commented by kanekatu at 2017-03-14 10:13
佐平次様
正にその通りで、インダス文明の貴重な遺跡もあと数十年で完全に崩壊する危機に達しています。国が貧しいことに加え、ガイドによればパキスタン政府がこうした文化遺産の保存にあまり積極的でないという事情もあるようです。日本を含む国際的な援助が早急に求められていると思います。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kanekatu | 2017-03-14 09:34 | パキスタン | Comments(2)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る