パキスタン見聞録(16)ロータス砦(最終回)

最終日は終日イスラマバードということで市内観光を期待していましたが、ガイドの説明によると要人の官邸や議事堂など政府機関への観光が制限されているとのこと。
イスラマバードは首都を置くために計画都市で、碁盤目の道路にそって沢山の区画が整然と並んでいる設計です。
空港も鉄道駅も市内にはなく、隣のラーワンピンディにあります。
緑が多いし、三輪タクシーは市内への乗りいれ禁止。テコトラの姿も見えず、およそパキスタンらしからぬ風景です。
3棟の超高層ビルが立ち並ぶ市内の風景。
右のバイクの人がいなければパキスタンとは思えない。
c0051938_16464982.jpg
シャー・ファイサル・モスクはサウディアラビアのファイサル国王の資金援助によって建てられた巨大なモスクで、四隅に立つミナールの高さは90mあります。
収容人員はモスク内部だけで1万5千人、敷地全体では10万人。
c0051938_16471374.jpg


ロータス砦(ロータス・フォート)は、ムガール帝国の第2皇帝フマユーンに勝利したアフガンの英雄シェール・シャーによって建設された要塞です。周囲は約4キロメートルに達し、パシュトゥーン建築とヒンドゥー建築の両様式が絶妙に融合した最初の事例になります。
30万人の労働者によって、1540年から10年かけて完成となりました。その時シェール・シャー・スーリは既に亡くなっており、フマユーンの反撃によって滅ぼされてしまい、ムガール帝国が再び復活して第3代皇帝アクバルが継承しました。
難攻不落といわれた城塞はついに一度も戦わうことなく、そのままになっています。
またシェール・シャーは、アフガニスタンのカブールからカイバル峠を越え、ラホールを通り、アーグラまで通じるGTロード(グランド・トランス・ロード)を造ったことでも知られています。私たちもGTロードを通ってロータス砦に来ました。
世界遺産。
c0051938_16475858.jpg


c0051938_16490497.jpg
ロータス砦の中で最も有名なゲートはソハリ門です。
21.34メートルの高さ、幅20.73メートル、奥行き15メートルあり、中央のアーチ部は4.72メートルの幅があります。ソヘール門には、内部・外部ともに質素ながらも美しいヒマワリをモチーフにした装飾が施されている。
中央部のアーチ部の両側にバルコニーが設けられているのが最大の特長です。
c0051938_16501243.jpg
門の脇にある城壁です。
c0051938_16510106.jpg
城壁の上に立つと、いかに堅固な造りかが分かります。
c0051938_16513324.jpg
反対側に見える城壁は2㎞先です。
c0051938_16520947.jpg
ロータス砦で特筆すべきは内部に村があることです。世界遺産の中に人が住み生活しているのは極めて珍しい。
c0051938_16530072.jpg
立派な家が立ち並んでいました。
c0051938_16532983.jpg
皇帝フマユーンがイランから連れてきた熟練工の末裔らしいのですが、自分たちは王様の許可を得て代々ここにいるので、住む権利があると主張しているようです。
c0051938_16535396.jpg
500戸、2000人ほどの人たちが暮らしていて、店舗もあります。
c0051938_16543037.jpg


ロータス砦には3か所の階段井戸があります。3万人の兵士を養うためには大きな井戸が必要だたのです。
c0051938_16545737.jpg
井戸の階段は148段あり、深さは石灰石層にまで達しています。
c0051938_16552558.jpg
井戸の大きさが分かります。
c0051938_16555165.jpg
シャー・チャンドワーリー門は二重構造で、幅13.3メートル、奥行き8.23メートル、中央のアーチ部は幅3.66メートル。
c0051938_16562213.jpg
大臣マン・シングの宮殿、王に代わりマン・シング大臣がここに詰めていました。
c0051938_16571892.jpg
その近くにある大臣の妻の宮殿。どちらも元々はもっと大きな建物でしたが、今は一部しか残っていません。
c0051938_16574661.jpg
改めて、城壁の大きさを感じます。
c0051938_16581607.jpg
処刑場跡で、遺体はこの穴に落としたようです。
c0051938_16590282.jpg


最後の観光であるロータス砦を出発、夕食レストランに向かいます。

今回のツアーではショッピングの時間が無かったので、途中スーパーマーケットに立ち寄り、まとめて買い物。
手前にはカラオケ店もあります。
c0051938_17000867.jpg
最後の夕食は日本料理で、魚の天ぷらが出ました。
c0051938_17003399.jpg


バスの走行距離は合計で2400㎞。
結構ハードな旅行でしたが、一人の病人も怪我人もなく完走でしたのが何よりです。
パキスタンではどこでも気軽に声がかけられ、とても気持ちの良い旅ができました。
インダス文明を始めとする各種遺跡群はいずれも素晴らしく、期待以上でした。
ただ、私たちが観光したラホール市内で、3日後に大きな自爆テロが起きて100人近い死傷者が出てしまいました。
この国が平和で安全になり、多くの人々が安心して観光に来られる日が一日も早く訪れることを心から願っています。

最後までこの連載にお付き合い頂いた方々に感謝します
(終り)


[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2017-03-26 22:25
とうてい自身ではいけないところを詳しく紹介していただきありがとうございました。
Commented by kanekatu at 2017-03-27 10:02
佐平次様
こちらこそ最後までお付き合い頂き、感謝しております。
パキスタンという国の魅力を、少しでも伝えることができたなら幸甚です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kanekatu | 2017-03-26 17:02 | パキスタン | Comments(2)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る