excitemusic

憂きな中にも旅の空
by kanekatu
ICELANDia
カテゴリ
最新のコメント
最新のトラックバック
桜庵
from 温泉生活
【エルサレム】ヴィア・ド..
from まん遊記
海外での災害
from 海外生活トラブル回避法
カックー遺跡にいってみた
from イッテミタ
ビルマの他人事、自分事
from TIME ガイダンス-Sca..
カイザリア・ローマンシア..
from 瑞樹録
(番外編)パルミラ遺跡復..
from 戦国武将ファイル
「心に残る絶景バトン」
from めざせ!Asian Beau..
スイスに行った 1
from スイスのお話
「心に残る絶景バトン」
from うさぎさん日記
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

skin by ICELANDia


「ここは地の果て」アルジェリア紀行(2006/4/26-5/8)その1

アルジェリアという国名を聞くと、私達の世代ならフランス植民地支配への独立戦争を描いた映画「アルジェの戦い」を思い起こすでしょう。青春時代真っ只中に公開され大きな反響を呼び、ドキュメンタリー・タッチ形式の映画としては、異例のヒットとなったことを記憶しています。
少し年配の方なら、戦前のフランス映画「望郷(ペペルモコ)」を思い出すかも知れません。日本が軍国主義に突入した頃の暗い世相の中で大ヒットした名画として、主演のジャン・ギャバンの印象と共に多くの方の記憶に残っていると思われます。余談ですが、この「望郷」は日活映画全盛期に、石原裕次郎主演の映画で完全なパクリがありました。
あるいはカミユの「異邦人」の舞台としても有名ですね。

しかし何といっても、日本人がアルジェリアと聞けば、懐メロの「カスバの女」でしょう。
 涙じゃないのよ 浮気な雨が
 ちょっぴりこの頬 濡らしただけさ
 ここは地の果てアルジェリア
 どうせカスバの夜に咲く
 酒場の女の薄情け
1970年代にリバイバルヒットしましたが、私の記憶では1970年の学生運動が挫折した時期に、歌手・エト邦枝の気だるい歌い方がうまくマッチしていました。

さて、アルジェリアは北西アフリカ、通称マグレブ諸国の中央にあり、国土面積は世界11位の広さを誇ります。又かつてはOPEC(石油輸出国機構)のリーダーでもありました。地中海を挟んで首都アルジェの対岸はフランスのマルセーユ港ですから、何でこれが「地の果て」なんじゃいと、クレームがつきそうです。

もっとも、「カスバの女」の作詞家・久我山明(孫牧人)はアルジェリアを見たことも無いでしょうし、映画の「望郷」や「外人部隊」からイメージして詩を作ったのでしょうから、無理もありません。
処がアルジェリアに実際に行って見ると、確かに「地の果て」に来たという感慨に襲われます。

4月26日から5月3日の間、アルジェリアのツアーに参加しました。参加者は14名、旅行社はトラベル世界で添乗員はベテラン西田あかねさんです。往復は経由地のローマでそれぞれ1泊しましたので、実質の観光日数は9日間でした。
添乗員の西田さんはアルジェリアでは、なぜか「アリババ」と呼ばれていて人気があります。晴天の時にも傘(日傘ですが)をさしていたり、何か行動が怪しいのでしょうか。そういえば、海外で日傘をさしているのは大概日本人の女性ですね。白人に比べ日焼けに強い筈の日本人が、日傘を好むというのも妙なものです。

アルジェリアは1992年から、軍事クーデターやそれに続くテロや暴力行為などで数万人の人が殺害され、時には外国人もその標的となりました。そのため国際機関を含めた殆どの外国人が国外へ退去し、海外からの旅行者も途絶えました。最近になってようやく国情が落ち着き、昨年末より海外からの旅行者を受け入れるようになり、今回の訪問となったわけです。
しかし、私達の旅行中に出会った旅行者は、アルジェ除けば数名のグループをいくつか見ただけで、集団でツアーを組んでいたのは私達だけでしたから、まだまだ一般的とは言えない状況です。

アルジェリアの正式国名はアルジェリア民主人民共和国といい、首都はアルジェ、人口は3200万人です。日本の数倍の国土を持っているのですが、その85%がサハラ砂漠で、人が住めるところは10%以下です。そのため人口密度は日本とほぼ同程度となります。
人種はアラブ人が80%、先住民族のベルベル人が19%となっていますが、町で見かける限りでは、フランスの植民地であった関係からか、ヨーロッパ人との混血が多いように思えました。
宗教はイスラム教・スンニ派で国教となっており、国民の大半はその信者です。

by kanekatu | 2006-05-14 11:37 | アルジェリア | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://home9.exblog.jp/tb/3905393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ma_cocotte at 2006-05-14 17:25
ご無事のご帰国何よりです。連載を楽しみにしております。
で、最後の人種ですが、アラブ人=ベルベル人となります。かつてイスラム教が布教された時に混血しており、ベルベルアラブと呼びます(国境を越えてチュニジアからモロッコまで)。19%というのはカビル族ではないかしらん?サッカー選手のジダンがカビル族です。欧羅巴と混血に見えるのも彼らです。なぜかカビルには白い肌、青または灰色の瞳がおります(ジダンもそう)。宗教上の都合でまず欧州人との混血はありません。
Commented by kanekatu at 2006-05-14 23:30
ma_cocotte様
早速のコメント、又ご指摘有難うございます。
人種の割合は百科事典に書いてあったもので、どうもアルジェリア政府の資料ではないかと思います。
アラブ人の多くはベルベル人との混血らしいのですが、純粋なアラブ人もいるそうで、その比率は不明です。その他ヨーロッパ人で、独立後も現地に残った人が1万人程度いるようです。
アトラス山脈を境に、南部(サハラ側)と北部(地中海側)とでは、人々の顔つき、肌の色がガラリと変ります。
北部の人は色白で、特に少女達が例外なく美しいのに目が眩み、これはフランス人との混血に違いないと、私が勝手に思い込んだようです。
カビル族というのは始めて耳にする言葉です。勉強します。
Commented by ma_cocotte at 2006-05-15 00:37
純粋なアラブというとアブラハム(イラン系遊牧民)とハガル(エジプト人)の血ということでしょうか・・・。元々あそこはキリスト教徒が住んでいました。アウグスチヌスや母モニカがベルベル系ぢゃないかと思います。こちらでのアルジェリア人はみなベルベルアラブです。で、アルジェリア人は自身をベルベルと名乗るのを好みますが、モロッコのベルベルは自身をアラブと名乗ることを好みます。面白いですよ。
実は夫の母方の家族はピエ・ノワールと言って数百年間アルジェリアのオランに住んでいましたが、思うに地中海沿岸の美女はパレスチナ人やレバノン人に近い美女ではないかしらん?カビルは欧州人より肌が白く、美しい青い目を持っていたりします。彼らはアラブとの混血を選ばなかったのでベルベルアラブからも迫害されています。
過去エントリーですが、ご参考までに。
http://malicieuse.exblog.jp/3790688/
Commented by kanekatu at 2006-05-15 19:53
ma_cocotte様
コメント有難うございます。
ご紹介のエントリー拝読致しました。
因みに検索エンジンで「カビル族(人)」を入力すると、ma_cocotteさんのエントリーだけが検出されます。
コメントに触発されまして、次回エントリーで人物(少女だけですが)の写真をアップしますので、この人はナニ人という具合にご教示頂けると幸いです。
<< 「ここは地の果て」アルジェリア... 桜を訪ねて伊豆へ >>