2017年 03月 12日 ( 1 )

パキスタン見聞録(9)ムルタン

朝バハワルプールを出発し、昼にムルタンの街に到着。ホテルにチェックインし昼食を食べてから観光です。
ムルタンは大きな街で、ピザ店もありました。
c0051938_09533199.jpg
昼食もこれまでより料理が洗練された印象です。
c0051938_09535472.jpg
宿泊のラマダホテル、パキスタンに来て初めて良いホテルに泊まれました。参加者の中には「3日ぶりにお湯が出て幸せ!」なんて人も。ベッドが清潔で、お湯のシャワーが浴びられ、トイレの水洗が使える。これだけで何も言う事はありません。
c0051938_09544399.jpg
ムルタンはインダス川の二つの支流に挟まれた平原にある都市で、歴史はインダス文明の時代に遡るといわれています。パキスタン第4の都市。
シャー・ルクネ・アーラムは、13世紀にイスラム教を広めた偉大な聖人を祀った聖者廟で、その偉大さから「世界の柱」の名が冠されています。
名前通りの風格のある立派な建物です。
c0051938_09554173.jpg
八角形で角に塔が立っている構造で、少しピンクがかった基調色と青色タイルの細かな装飾とが反映し合って、豪華ながら落ち着いた感じを出しています。
人の身長と比べて建物の大きさが分かるでしょう。
c0051938_09561431.jpg
聖者廟の中に安置されている聖者の棺の周囲には沢山の信者がお参りしていました。
c0051938_09565154.jpg
ハトが多いのは餌をまいて呼び寄せているからです。
c0051938_09572101.jpg
信者がこの壁に頭を押し付けてお祈りするため、壁の色が変わっています。
c0051938_09574365.jpg
廟から見たムルタン市内の様子。
c0051938_09585285.jpg
小さな聖者廟は他の聖人のものでしょうか。
c0051938_10004281.jpg
聖者廟の外にはモスクがあります。
c0051938_10010261.jpg
直ぐ近くにあるバハー・ウル・ハックは、シャー・ルクネ・アーラムの聖人の祖父を祀った聖者廟です。
c0051938_10014186.jpg
外へ出て、お参りに来ていた女性と記念撮影。姉妹のようでした。服装がカラフルですね。
c0051938_10020795.jpg





少し歩いた所にあるのはシャー・シャムズ・タブレーズ聖者廟で、イランからアフガンを経てこの地に来てイスラム教を布教したスーフィを祀ったものです。
入口に黒い旗が掲げられているのは、シーア派のしるしです。
c0051938_10030993.jpg
内部に安置されたシャー・シャムズ・タブレーズの棺。
c0051938_10033877.jpg
ドーム天井の美しい装飾。
c0051938_10040094.jpg


ここで聖者廟見学を終えて、ムルタンのバザールの中を歩きました。
結婚式用の衣服を売る店。
c0051938_10043724.jpg
選挙ポスターが見えますが、パキスタンでは来年が総選挙で運動も活発化しているようです。既存政党以外の候補者が人気を集めているとか。
c0051938_10045821.jpg
香辛料の店、数十種類が売られています。
c0051938_10052154.jpg
夕食はケバブがメインで、生野菜とカレーとナンとチャーハン。どれも美味でした。
c0051938_10055974.jpg




[PR]
by kanekatu | 2017-03-12 10:08 | パキスタン | Comments(2)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る