カテゴリ:ハンガリー( 1 )

東欧旅行その6

ハンガリーの首都ブダペストの中央に、ヨーロッパ最大の川、ドナウ川が流れ、
川を隔てて、歴史的建造物の多いブダ地区と商業の町ペスト地区があります。
c0051938_5454830.jpg

ハンガリーはその名が示す通り、元々はアジアのフン族を祖先としており、
町を行く人々もアジア系が多く、身長も余り高くなく親しみ易い国です。
赤ん坊のお尻に蒙古斑があるとか、姓名は苗字が先で名前が後とか、私たち日本人とも共通点が多いのです。
言葉も似ているものがあり、因みに女性のバストは”チチ”で同じ発音です。

毎回のオリンピックで、国技といえるレスリンングや重量挙げ、投擲競技で多くのメダルを獲得している国らしく、マッチョな男性が多いようです。愛妻は、バスを降りる時運転手が必ず女性客の手を取ってくれるのに、とても感心していました。

ドナウ川が大きく曲がっている所を、ドナウベント地方と呼んでいますが、エステルゴムとかセンテンドレと云った小さな美しい町があります。
c0051938_5462159.jpg

ここにはコヴァーチ・マルギッドさん(故人)という世界的陶芸家がおられ、彼女の美術館があります。作品は殆どが人物像ですが、見ているだけで気持ちがほのぼのとするような、不思議な作品です。ハンガリー人の優しさがにじみ出ているようです。

ハンガリーは、旧ソ連からの支配を脱し市場経済に移行してから、東欧圏の中では比較的順調に経済発展してきましたが、ここ数年、社会的に置きざりになる人々の数が増し、大きな社会問題となりました。
こうした背景から2年ほど前に社会党が政権を取り、保護政策を重点に置いて政治を進めてきましたが、結果として経済が停滞し、近々政権交代が噂されています。
ロシアを含め東欧の国々はいずれも急激な市場経済化の中で、経済発展と弱者救済のバランスに悩んでいるようです。
帰国時にブダペスト空港で預けたスーツケースが、バールでこじ開けられていて、
中が荒らされていました。
ハンガリーが先進国の仲間入りするには、いま少し時間がかかりそうです。

今回で東欧旅行のシリーズは終了します。
次回の記事は、9月6日から掲載を予定しています。
[PR]
by kanekatu | 2005-08-20 05:50 | ハンガリー | Comments(2)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る