カテゴリ:ボツワナ( 1 )

南部アフリカ旅行記 その4

ビクトリアフォールズから西へバスでおよそ1時間半で、チョベ国立公園に到着します。
途中でボツワナへの入国手続きをしました。
ボツワナは、ツワナ族の国という意味で、1966年イギリス保護領から独立を果たしました。
アフリカの中でも独立が遅くなりましたが、アフリカの中では珍しく複数政党制で民主主義が機能している国です。
独立後、次々とダイヤモンド鉱脈が発見され、南アを凌ぐアフリカ有数の豊かな国に発展しています。
国際信用格付けが、日本より高くなった時もありましたね。
当初は反アパルトヘイトを掲げたため、南アとの関係が険悪になった時期もありますが、マンデラ政権以後は良好な関係を保っています。

チョベ観光の玄関口にあたるのはカサネ村で、ここから4WDに乗車してのゲームドライブ(陽気なドライバー)や、
c0051938_11292172.jpg


公園内を流れるチョベ川でのボートクルージングが楽しめます。
c0051938_11293754.jpg


動物の観察にあたってはルールがあり、誓約書に一人一人サインが求められます。
大声を上げない、触らない、エサを与えない、車やボートから降りないなどです。
アフリカの中でも比較的手軽に野生動物に出会えるのが、チョベ国立公園の特長です。
動物達が水を求めて川に来るためか、ボートの方が圧倒的に動物が見られます。

以下撮影できた動物達の写真を紹介します。
アンティロープ。
c0051938_11401645.jpg


イボイノシシ、昨夜の肉は美味しかった。
c0051938_11403144.jpg


インパラは大きな群れで行動します。この肉も美味。
c0051938_11404654.jpg


カバです。これは食べていません。
c0051938_1141361.jpg


クドゥ。
c0051938_11411936.jpg


お馴染マントヒヒ。
c0051938_11413996.jpg


ワニ、相変わらず目付きが悪い。でも食べました。
c0051938_11415117.jpg


ハゲコウ、動物の死体を餌にします。
c0051938_1142799.jpg


ハチクイ、カラフルですが虫を食べます。
c0051938_11422235.jpg


ヘビウ、首がヘビのようなので。
c0051938_11423645.jpg


ホロホロ鳥も食べました。日本でも食べますよね。
c0051938_11425137.jpg


よやくく、3頭のキリンが表れました。
c0051938_11431016.jpg


すると象の群れが表れ、キリンのすぐ脇を走り抜けて行きました。
珍しい、キリンとゾウのツーショットです。
c0051938_11432684.jpg


草むらからゾウの親子が出てきました。
近くで見ると迫力があります。
c0051938_11435062.jpg


川の中州で草を食べていたゾウ。ボートで近付くと、威嚇でしょうか大きな両耳を立てていました。
c0051938_11441411.jpg


別のゾウの群れが、川辺に近付いてきました。
c0051938_11443511.jpg


群れの中の成人したオスだけが、先ず水に入り水浴を始めます。
c0051938_11445668.jpg


オスの水浴が終わると、群れの中の最長老のメス・ビッグママが自分の子供だけを連れて水浴を始めます。
他のゾウたちは、その間近くでじっと待っています。
c0051938_11451451.jpg


ビッグママの水浴が終わると、ようやく他のゾウたちが次々と川辺に来て、水浴びを始めます。
c0051938_11453392.jpg


人間の家族に例えれば、先ず父親とお爺ちゃんが一番風呂に入り、次にお婆ちゃん、それが終わって母親と子供たちが入浴するという順番ですね。
ゾウは儒教の世界です。
背中に乗っている鳥は、ゾウの身体に付いた虫を食べてくれるのだそうで、気持ち良さそうにしています。
ゾウは、いつまで見ていても飽きないですね。
c0051938_11462440.jpg


残念ながら、ライオンや豹やサイを見ることはできなかったのですが、野生のゾウの群れを間近で観察できて、満足しました。
宿泊したビクトリアフォールのホテルで、朝玄関近くの草や木が沢山倒されていて、訊いてみると夜中にゾウが来て荒らしていったとのこと。人間の生活の場のすぐ傍に、野生動物が暮しているのだと実感しました。
[PR]
by kanekatu | 2007-07-10 11:49 | ボツワナ | Comments(0)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る