カテゴリ:ウクライナ( 3 )

ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ訪問記(7)

5日目はキエフから黒海の街オデッサまで航空機での移動です。
早朝にホテルを出発、キエフ空港からウクライナ航空に搭乗、
c0051938_06593708.jpg

約1時間でオデッサ空港に到着。
c0051938_07001482.jpg

オデッサはウクライナ最大の港湾を備え、ウクライナを代表する工業都市、リゾート地としても知られています。 ロシア帝国時代には黒海に面する港湾都市であるオデッサはロシア帝国と外国の経済・文化の交流の拠点となっていました。
オデッサの名称は、この地に古代ギリシアの植民都市オデソスが存在するという誤認に由来するそうで、実際のオデソスはブルガリアに存在していたようです。
黒海といえば西側にはロシアとの紛争地域であるクリミア半島を控えているので、多少は緊張感があるかなと思っていましたが、そんな様子は微塵もない。
空港から昼食レトランへ直行。
c0051938_07010425.jpg

昼食のメイン。
c0051938_07013349.jpg

午後からはオデッサ中心部の観光。気温は30℃を越え、南部に来たことを実感します。
現地ガイドは若い男性で、年配の女性でないのはここだけでした。
ソ連崩壊の時には小学生の低学年だったとのこと。つまり昔のソ連の教育を受けていない年代なので少し質問。
「ソ連についてどう思う?」、答えは「ソ連時代の方が良かった。今もソ連に憧れている」。
「なぜ?」、答えは「みんなが平等だったから」。
「クリミアがロシアに編入されてしまったが、どう思う?」、答えは「クリミアの人たちが羨ましい」。
う~ん、意外な回答。
ウクライナ独立後、オデッサは経済的に困窮した時期があり、そういう思い出が残っているのでしょうか。あるいは彼自身がロシア人かも知れませんが。
これは他の地域のガイドに訊いたことですが、ソ連時代は医療費が無料だったというのが大きいようです。
今も公立病院に行けば診療費は安いそうですが、優秀な医者がみな私立に移ってしまっているので技術が低く、まともな医療を受けようとすれば私立の医療機関に行かねばならない。そうすると、バカ高い医療費を支払わねばならないのだと。
私たちは社会主義の否定的面ばかり目が行くのですが、本来持っている良さもあったということかな。
ただ、私が今まで訪れた旧ソ連の国では、こうした声には接して来なかったので、ベラルーシやウクライナ独特のものかも知れませんが。

オデッサ市内のトラム。交通渋滞の原因になっていて廃止の声もあるそうです。
c0051938_07022191.jpg

市内の様子は、いかにもリゾート地らしい風景です。
c0051938_07025887.jpg
c0051938_07034088.jpg

プリモールスキー並木通り、木陰のベンチはカップルで一杯。
c0051938_07044801.jpg

c0051938_07051461.jpg
通りの西端にかかる橋が愛の橋。恋人たちや新郎新婦は愛の誓いとして橋の欄干に南京錠をかけていった事からこう呼ばれてきました。南京錠は数が多すぎるので、橋の袂に南京錠掛け専用の格子が立てられています。
c0051938_07055464.jpg

黒海です。名前の由来は、ギリシアからはるばるこの地に来た人が、天候が悪かったので海面が黒く見えたので黒い海と名付けたそうです。この日は好天だったので海も真っ青でした。
c0051938_07083078.jpg

美術館。
c0051938_07085777.jpg

中央広場。
c0051938_07093911.jpg

ポチョムキンの階段。
1837年から1842年にかけて建設された階段。最上段の幅は12.5m、最下段の幅は21mと下に向かうにつれて広くなっています。
下から見上げると踊り場は見えず、
c0051938_07103405.jpg
上から見下ろすと踊り場は見えるが段は見えない。
c0051938_07111735.jpg
これが踊り場。こんなに広い。
c0051938_07115408.jpg
オデッサを訪れていたセルゲイ・エイゼンシュテインは、この階段にインスピレーションを得て『戦艦ポチョムキン』の制作に取り掛かったことからこの名が付きました。
この階段を赤ちゃんの乗せた乳母車が落ちてゆく場面は衝撃的でした。
今ではこの映画を見た事がない人も多いでしょうが、階段は現在もオデッサ観光の中心です。


中央広場に立つリシュリュー像。
c0051938_07143969.jpg
この地に長官として就任したリシュリューによって、オデッサの都市計画が進み現在のような街になりました。
オデッサの開発にあたって必要な石材は現地で調達されました。石材の採掘跡として1,000kmにわたる地下道が残され、第二次世界大戦期に地下道はパルチザンの拠点となりました。
プーシキン像。
c0051938_07153414.jpg
プーシキンは一時期ここオデッサに滞在していました。
オペラ・バレエ劇場は、1887年に建てられました。
c0051938_07170084.jpg

オデッサ中央駅。
c0051938_07172781.jpg

夕食は久々の魚料理です。確か鯖だったと思います。
c0051938_07180106.jpg

泊まりのホテルは、アレクサンドロフスキー。
c0051938_07183535.jpg


[PR]
by kanekatu | 2017-08-13 07:19 | ウクライナ | Comments(2)

ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ訪問記(6)

キエフは東ヨーロッパ最古の都市であり、キリスト教の聖地でもあります。
それだけに歴史的な教会や修道院が数多く存在します。
キエフの中心部に立つのは聖ソフィア大聖堂。
ウクライナ最初の中央政権国家キエフ・ルーシ最大の聖堂として1037年に建立されました。その後何度か修復を重ね、現在の姿になったのは1740年で、外部はウクライナ・バロック様式に塗り換えられています。
c0051938_10133235.jpg

1740年の修復の時に建てられた塔。
c0051938_10142333.jpg

ペチェールシク大修道院は1051年の建立。ソフィア修道院とともに世界遺産に登録されています。
c0051938_10151128.jpg

その門。
c0051938_10155410.jpg
聖ムィハイール修道院は、黄金ドーム修道院として親しまれています。
修道院は1108年から1113年までの間の建立された中世キエフ最大の教会です。
1240年のモンゴル軍と、1482年のタタール軍の略奪によって大きな損害を蒙ったが、1469年にウクライナ正教会の修道院として復元され、1620年以後キエフ主教庁の本拠となりました。
ソ連時代の反宗教政策により建物が破壊されましたが、ウクライナ独立後の1998年に修復されました。
c0051938_10165707.jpg

聖アンドリーイ教会は1747年から1754年までの間に建立。
ソ連時代には閉鎖されていましたが、ウクライナ独立後のウクライナ独立正教会所属となりました。
現在は工事中でした。
c0051938_10174753.jpg

ウクライナの教会や修道院は、ポーランド支配下ではカトリックに改宗させられたり、ソ連時代は閉鎖させられたりといった悲劇的な経緯をへて今日に至っています。
市内のその他の施設を紹介します。

独立運動の犠牲者の慰霊写真、一人一人の名前と顔写真が掲示されています。
c0051938_10190819.jpg
その脇に立っていた十字架。変わった形をしているのは、犠牲者の母親の気持ちを表したものだそうです。

c0051938_10183212.jpg


外務省。
c0051938_10203256.jpg

中央公園付近。
c0051938_10211373.jpg

ここからキエフ市内の風景をいくつか。
c0051938_10215345.jpg

c0051938_10223114.jpg

c0051938_10230358.jpg
c0051938_10232893.jpg


これは珍しい、アール・ヌーヴォー様式の建物でしょうか。でも、ちょっと趣味が悪い。
c0051938_10235780.jpg

ガイドに日本についての印象を訊いたら、殆ど知識はないがヒロシマ、ナガサキ、フクシマの事は聞いたことがあり、後は優れた技術を持った国だと言う印象だと答えていました。
夕食のレストラン。
c0051938_10243162.jpg

ウクライナ製ビール。この店は感心なのは、グラスまで冷えていたことです。
これが2ドルほどで呑めるんですから、天国です。
c0051938_10245317.jpg

ウクライナ風ボルシチ。
c0051938_10251712.jpg

メインはキエフ風カツレツ、チキンカツでした。
c0051938_10254370.jpg

スイーツは果実風味のアイス。
c0051938_10261272.jpg

泊まりはホリディインキエフ。
c0051938_10270485.jpg


[PR]
by kanekatu | 2017-08-11 10:27 | ウクライナ | Comments(2)

ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ訪問記(5)

3日目の昼にベラルーシを出国、陸路でウクライナに入国。出入国審査は思ったよりスムースにゆき、2時間程度で済みました。
ウクライナに入国して最初に感じたのは道路の違いです。ベラルーシに比べ道路の整備が悪いようで、バスがガタガタと音を立てています。
ウクライナは最も標高の高い所で400m程度といいますから、国全体が真っ平なのです。
c0051938_11043717.jpg
先ずは昼食。
ここもビールが安い。ミネラルウオーターと値段が変わらないので、ついつい水代わりにビールを飲んでしまう。
ビールによく合う前菜、ボリュームがあって、これだけで腹一杯になりました。
c0051938_11050633.jpg
メインは、半分位しか食べられない。
c0051938_11053146.jpg
バスはこの後、クレヴァニに向かいます。

ここでウクライナの基本情報を紹介します。
正式国名はウクライナ共和国。
国旗。
c0051938_11055563.png

面積は、60万3700km2(日本の約1.6倍)
人口は、4474万人
首都は、キエフ。
政体は、共和制。
民族構成は、ウクライナ人78%、ロシア人17%、その他。
宗教は、ウクライナ正教、ロシア正教、ウクライナ・カトリック、ユダヤ教など。
言語は、公用語はウクライナ語だが東部ではロシア語が使われている。
通貨は、フリヴニャ (UAH)
一人当たりGDPは、8,650ドル
地図は下記の通り。
東にロシア、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコと国境を接している。
c0051938_11063173.jpg

ウクライナはキエフ大公国が始まりで、13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、リトアニア大公国やポーランド王国に属していました。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入りました。第一次世界大戦後に独立しますが、ロシア内戦を赤軍が制しソビエト連邦内の構成国となります。1991年ソ連崩壊に伴って完全に独立しました。 歴史的・文化的には中央・東ヨーロッパの国々との関係が深いのですが、東部は永らくロシア支配下にあった関係から今もロシアの影響を強く受けています。

ソ連時代のウクライナでは、1930年代にスターリンによって引き起こされた人工的飢餓(ホロモドール)によって、推定で400万人から1400万人が死亡しました。
2006年にウクライナ議会は、「ウクライナ人に対するジェノサイド」であると認定しました。
第二次世界大戦の独ソ戦ではウクライナが主戦場となり、甚大な被害を受けました。
欧州きっての穀倉地帯であるウクライナは、ドイツ、ソ連双方にとって重要な地域でした。ヒトラーはウクライナが手に入ればドイツ国民は飢えることがなくなると嘯いていました。

戦争の犠牲者は800万人から1400万人と推定されており、ウクライナ人の5人に1人が戦死しています。
ウクライナ系のユダヤ人やロマ人などの共同体は完全に破壊されました。
ウクライナの地は荒れ果て、700の市町と約2万800の村が全滅しました。

ソ連時代の1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故では、国内外に大きな被害を与えました。ウクライナ国内の汚染地域には220万人ほどが住んでいて、事故後、汚染地域の外にスラブチッチという街が作られ移住しています。
国際原子力機関(IAEA)と世界保健機関(WHO)によって行なわれた調査によって明らかにされたことによると、この事故により直接的に56名が亡くなり、それ以外にもこの事故を原因とする癌によって4000名ほどが犠牲になったとされています。
2014年に起きたウクライナ騒乱とロシアによるクリミア自治共和国の編入をめぐる騒乱では、一般市民を含む死者は5000人にのぼり、欧州ではユーゴ内戦以来の規模の犠牲者を出しました。この問題は今も尾を引いています。

こうして見ていくと、ウクライナにとって旧ソ連・ロシアは正に踏んだり蹴ったりで、絶対に許すことのできない相手という感もあるのですが、果して今の人たちはどう考えているのでしょうか。

ウクライナでの最初の観光はクレヴァニです。
民家の様子ですが、日本とよく似てます。
c0051938_11123473.jpg
目的は、愛のトンネル観光。
c0051938_11125725.jpg
このトンネルはクレーヴェンとオルツィヴを結ぶ鉄道の線路上にあり、木々に囲まれたトンネルの美しい景観から人気の観光スポットとなっています。
何でもカップルがここを通ると願いが叶うんだそうですよ。
神秘的!なんて前評判でしたが、実際は天井部に相当する所から光が入っているし、第一、人が大勢でゾロゾロ線路の上を歩いていて、とても神秘的な感じはありません。
c0051938_11132196.jpg
c0051938_11135075.jpg

添乗員に「これじゃ、世界ガッカリ名所だね」と言ったら、笑っていました。
この後、バスでリヴネに移動しホテル・ウクライナに宿泊。
c0051938_11142684.jpg

4日目はリヴネから首都キエフへの移動で、移動距離330km、移動時間4時間は今回のバス移動で最大です。
ウクライナでは今ヒマワリ栽培の真っ盛りです。遥か彼方まで広がるヒマワリ畑は壮観です。
映画「ひまわり」もここウクライナで撮影されました。
c0051938_11150301.jpg
c0051938_11152412.jpg

c0051938_11155237.jpg


午後1時過ぎにキエフに到着。
昼食レストラン。
c0051938_11165748.jpg

前菜。
c0051938_11174644.jpg

メインは肉料理でしたが、ちょっと洒落てました。
c0051938_11182398.jpg

キエフ観光は歴史的地区にある黄金の門からスタートです。
c0051938_11191508.jpg
最初の黄金の門が作られたのは11世紀で、町の境界線に立てられました。土塁を盛り、その上に赤い色にレンガや石を積み上げて塔とし、キエフがキリスト教の町であることを見せるために門上に受胎告知教会が造られました。
13世紀にモンゴル軍によって門は破壊され、そのままの状態で放置されていましたが、1832年に発掘調査が行われ史跡として保存されます。
1982年に黄金の門は復元され、新しい建物は遺跡をカプセルのように覆い隠しているそうです。
門を横から見た写真です。
c0051938_11194570.jpg
(この項続く)

[PR]
by kanekatu | 2017-08-09 11:20 | ウクライナ | Comments(2)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る