三度のインド(ムンバイ編)2

この時期のインドの午前7時は夜が明けきっておらず薄暗い中でのバス出発です。港へ向かう途中でようやくビルの間から朝日が昇るのが見えてきました。風景がぼやけて見えるのは霧のためで、この時期のインドでは朝は必ず霧が出ていて、ひどい時は昼近くまで続きます。
c0051938_713868.jpg

ムンバイはインド最大の商業都市であり、港湾都市としてインドの玄関口の役割を果たしています。
最初の観光は国内交通の要所である「チャントラパティ・シヴァーシー駅」(旧名「ヴィクトリア・ターミナス」)で、駅舎は1887年に建てられたコロニアル様式の建物です。世界遺産。教会を思わせる外観ですが、逆光のために分かりづらいのが残念。
c0051938_722950.jpg


「インド門」は1911年にイギリス王夫妻がインドを訪れた際の歓迎式典のために建てられたもので、以後もイギリスの要人がインドを訪問した時の式典会場として使われてきました。グジャラート様式で材料は玄武岩。こちらも世界遺産です。
c0051938_731015.jpg

インド門近くの船着場からエレファンタ島へ向かう船に乗船しました。海はアラビア海です。海側から見たインド門と、後方は「タージマ・ハル・ホテル」で左が本館、右が新館です。このホテルは19世紀末にインド最大の富豪だったターターによって建てられました。当時、インドの一流ホテルにはインド人が入れなかった事からターターが世界に通用するホテルの建設を企画し、ヨーロッパの技術のすいを集めて1903年に完成させました。このホテルの部屋から見るアラビア海の姿はまた格別です。なぜ知っているかというと、エヘン、約30年前にこのホテルに宿泊した事があるからです。
c0051938_733837.jpg

エレファンタ島までは船で1時間ほどかかります。途中でパイプラインが見えたのは石油の採掘でしょうか。インドのエネルギー自給率は30%位だそうですから、石油は取れるんですね。
c0051938_74135.jpg


エレファンタ島の船着場からは可愛らしいトイトレインに乗って「エレファンタ石窟」の入口へ。
c0051938_74356.jpg

エレファンタ石窟は古代ヒンドゥー教寺院遺跡で6-8世紀にかけて建てられたと見られています。世界遺産です。16世紀にポルトガル人がこの遺跡を発見しましたが、彼らはヒンドゥ-教を嫌っていて、鉄砲で多くの仏像を破壊してしまいました。像の大半はシヴァ神で、写真の中央後方に見えるのは男根像です。
c0051938_745969.jpg

幸い第一窟のシヴァ神半身像だけは原形をとどめていて、当時の彫刻技術の高さが窺えます。
c0051938_75161.jpg

他にいくつか保存状態の良い彫刻を紹介します。
c0051938_754434.jpg

c0051938_755856.jpg

c0051938_761043.jpg


エレファント島から再びムンバイの市街に戻り、町の様子を車窓から見学。
派手な車両が見えたのでガイドに訊いたところ、サイババ信仰の車だそうです。今でもサイババは人気が高いとか。そう言えばかつて自分はサイババの弟子だと言って記者に突っ込まれたら「それはサイババの勝手なんですよ」と答えたグル高橋とかいうオッサンがいたっけ。
c0051938_763759.jpg

この辺りは高級リゾートが立ち並ぶ海岸です。
c0051938_77363.jpg

こういう光景に出会うとインドに来たという実感がわいてきます。この近くに世界で5番目という大金持ちが所有する超高層ビルがあります。
c0051938_773731.jpg

高級住宅地にすぐ近くに大きなスラムがある所がインドの特徴です。昔とあまり変わっていない様ですが、パラボラアンテナが眼につきます。
c0051938_78029.jpg

午後からはムンバイ14時50分発のエア・インディア442便にてオーランガバードに移動です。
ムンバイ空港の入り口です。
c0051938_783425.jpg

内装もとても凝っていて、照明器具が花の形になっていて蕾が開いたり閉じたりしていました。この他に空港内に日本庭園を模した施設が置かれていたり、30年ほど前の「汚い臭い」というイメージは一掃されていました。
c0051938_785927.jpg

オーランガバード空港にはほぼ定刻通りの16時過ぎに到着。レストランで初めてのインドでの夕食です。ビールが小瓶で500Rs(約1000円)と非常に高いのに驚きました。この価格はどこでもほぼ変わらず、恐らくはビールの値段はインドが世界一ではないでしょうか。
c0051938_792799.jpg

夕食はカレーで、これは最後まで同じでした。
c0051938_795038.jpg


次回はアジャンタ観光です。
[PR]
# by kanekatu | 2016-01-29 07:11 | インド | Comments(2)

三度(みたび)のインド(2016/1/13-1/20)1

1月13日から8日間の日程でインドのツアーに参加しました。参加者は13名、旅行社はクラブツーリズム、添乗員はSさんでした。
インド訪問は過去、30年ほど前に一度、11年前に一度と、今回が3度目になります。最初に訪問した時にはあまりの不潔さと暑さに参り二度と来るかと思ったのですが、三度目になったのはそれだけインドという国に魅力があるからだろうと思います。
今回は暑さを避けるためと、この時期が乾季である所から1月を選びました。

今回の旅の目的はズバリ、インド中央部に位置するデカン高原にある二つの宗教遺跡―アジャンタ石窟とエローラ石窟―の見学です。インドを、と言うよりは世界を代表する宗教遺跡ですが、ようやく訪れる事が出来ました。

下にインドの地図を掲げますが、東西と南北の端から端までの距離でいえばヨーロッパの主要部がスッポリと埋まる程の長さの大国です。
c0051938_1043157.jpg

正式国名はインド共和国。政治は連邦共和国で州の権限がかなり強い。観光バスが州をまたがる時に州税を支払う姿が見受けられました。首都はニューデリー。
国土は329万㎡で世界7位、人口は13億人を突破し世界2位ですが中国を追い越すのは時間の問題です。
人種はトルコ・イラン系、インド・アーリア系、ドラヴィタ系、モンゴロイド系などに分かれます。
宗教の割合はおよそ次の通り。
ヒンドゥー教 80%
イスラム教 14%
キリスト教 2%
シーク教 2%
仏教 1%
ジャイナ教 0.4%
仏教徒が少ないのが驚きです。
言語はヒンディー語が公用語で、他に州の公用語として認められているのが21語あります。インドの紙幣に沢山の言語が書かれているのはこのためです。英語は準公用語で、かなりの人に英語が通じます(通じないのは、コチトラの方)。
識字率は74%と読み書きが出来ない人が全体の4分の1に達していますが、地域差が大きく南部のケララ州では30年程前で識字率が100%と言われていました。
国民一人当たりのGDPは4060ドルですが、現地で聞いた勤労者の平均年収が約6000ドルとのことでした。
通貨はルピー(Rs)で、現在のレートはRs1=1.8円。
インドといえばかつては貧しい国というイメージでしたが、今では中国と並ぶ新興国として世界経済のけん引役を期待されています。

成田での団体集合時間は午前9時でしたが、私はいつも1時間前には着くようにしています。もし途中で電車事故があっても1時間の余裕があれば通常は遅れずに済むからです。現に昨年8月に中国へ行った時は事故に引っ掛かりましたが何とか時間に間に合いました。
旅程は成田空港発11時30分のエア・インディア307便で17時50分デリー空港に到着。そこからデリー発20時のエア・インディア805便に乗り継ぎ、22時15分にムンバイ空港に到着しました。
感心したのはデリーームンバイ間の国内便がほぼ時間通りだったことです。この後も3回エア・インディアの国内便を利用しましたが遅れは最大で1時間程度で、以前に比べれば夢の様です。
空港もかつての汚い臭いというイメージは一掃され、近代的な設備に生まれ変っていました。
現地ガイドはサルマさんで、スルーガイドです。
空港内にいる時はこれがインドかと疑う程でしたが、バスでホテルに向かうといきなりスラムが眼に入りやっぱりインドだと実感できました。
ムンバイのホテルに到着し荷物整理しシャワーを浴びて就寝したのは現地時間で午前0時を回っていました(日本との時差は3時間30分)。翌朝は5時45分にモーニングコール、6時より朝食で出発が7時ですから大忙しです。
[PR]
# by kanekatu | 2016-01-26 10:07 | インド | Comments(2)

来年も宜しく

海外旅行に行った時だけ記事を書いて細々と続けてきましたが、アクセス数の累計が12万を超えました。
来年も2回程度は海外へ行く予定にしていますので、宜しければお立ち寄り下さい。
では皆様、どうか良いお年を。
[PR]
# by kanekatu | 2015-12-31 18:55 | Comments(2)

中国シルクロード旅行記(9・最終回)西安②

西安の宿泊ホテル、天域凱菜大酒店です。旅行社が最後の日は一番良いホテルに泊めるのは、少しでもいい印象を持って貰うためです。
c0051938_2143914.jpg

朝、時間があったのでホテルの周囲をぶらつきました。
c0051938_2151378.jpg

歩道に若い人、とりわけ若い女性が沢山たむろしていました。デパートの開店でも待ってるんでしょうか、揃ってスマホの画面とにらめっこです。この光景は今や世界的傾向ですかね。
c0051938_2154247.jpg

西安は環境問題への取り組みから、乗用車やバスは全て天然ガス燃料にしています。バイクは全て電動バイクに切り替わっています。

「青龍寺」は、隋の時代に創建された仏教寺院で、弘法大師空海のゆかりの寺です。唐中期には、恵果らの密教僧らが住持するようになり、入唐留学僧たちとの関係が生まれました。空海は恵果を師として密教を学びました。
しかし寺院はその後の廃仏運動などの影響で廃れ、1982年以来の西安市の調査で、この地がいにしえの青龍寺であったことが確かめられました。
日本の四国4県からの財政援助などにより青龍寺は復興され、現在は空海記念碑、
c0051938_2161466.jpg

恵果・空海記念堂が建てられています。
c0051938_2163769.jpg

また四国八十八箇所の零番札所と名付けられたため、日本からも多くの巡礼客が訪れるようになりました。
でも四国以外の地にある寺院を勝手に加えるというのは、どういう意味があるのでしょうか。単なる商魂?
c0051938_2165671.jpg


中国での最後の夕食は「餃子宴」です。ここが西安の有名店だそうです。
c0051938_2172837.jpg

色々な名称の餃子が-10種類位あったか-次々と運ばれてくるのを、次々と口の中へ放り込むといった状況で、どこがどう違うのかも分からぬまま終了しました。多くは私たちの言う水餃子で、他に焼き餃子、スープ餃子、それに中に餡が入った甘い餃子があったのは憶えています。
c0051938_2174943.jpg

地元のビールですが、なんて読むんでしょうね。
c0051938_2181240.jpg

レストランでのアルコールのメニューですが、ビールは大瓶でどの店に行っても30元(約600円)でした。ワインや紹興酒、老酒などは置いていますが全てボトルです。
ビールなどアルコール類はコンビニで買えます。今回は白酒(パイチュウ)を買い込んで部屋飲みしていました。但しオツマミは口に合わないものが多い様なので、ナッツなど中身のはっきり分かるものを選らんだ方が良いと思いました。

旅の終わりはオプションで「唐歌舞」を鑑賞しました。
c0051938_2184138.jpg

前方の席はレストランになっていて、開演前に大勢の客が飲食をしていました。
c0051938_219167.jpg

唐の時代の衣装や楽器、踊りを再現させたもので、舞踊は全員が女性でした。印象は、西安版宝塚といった所。
c0051938_219267.jpg

c0051938_2194969.jpg

c0051938_220585.jpg

c0051938_2202036.jpg

これは、チャルメラ演奏。こんな楽器だったんですね。
c0051938_2232634.jpg

中国版AKB?
c0051938_224845.jpg

彼女がダンスのセンターでした。やはりジャンケンか総選挙で決めたんですかね。
c0051938_2242828.jpg

はい、華やかにフィナーレです。パチパチパチ。これにてお開き。
c0051938_2245882.jpg


今回のツアーは天候に恵まれ順調でしたが、8日目の日本への帰路で西安から出発の飛行機が5時間半遅れというハプニングがありました。そのため成田空港到着が当初予定の16時が21時過ぎになってしまい、遠い人はその日に帰れぬ事となりました。
中国東方航空から一律で600元(約12000円)が支給され、遠方の人は予約していた国内交通のキャンセルや、成田での宿泊手配などに追われていたようです。
旅行というのは、最後の最後まで分かりませんね。

この連載も今回で最終回となります。
最期までお付き合い頂いた方に感謝いたします。
―終り―
[PR]
# by kanekatu | 2015-09-10 02:26 | 中国 | Comments(2)

中国シルクロード旅行記(8)兵馬俑

7日目は西安市内観光の目玉、兵馬俑(俑は埴輪のこと)。
私は2回目ですが、前回は望遠を持って来なかったので写真がうまく取れなかった。今度は安いデジイチを持参し、用意万端。
c0051938_845313.jpg

秦の始皇帝は中国史初の皇帝で、その強大な力を利用し大きな陵墓を建てた。これが秦始皇帝陵です。
「兵馬俑(へいばよう)」は秦始皇帝陵を取り巻くように配置されており、その規模は2万㎡、3つの俑坑には戦車が100余台、陶馬が600体、兵士俑は成人男性の等身大で8000体ちかくあります。
特長としては、
・兵士の俑にはどれ一つとして同じ顔をしたものはない
・秦の軍隊が様々な民族の混成部隊であった
・秦の敵国が存在した東方を向いて置かれていた
等が挙げられます。
兵馬俑はいずれも焼成されたもので、このためこの地に起きた洪水や火災から守られたと思われます。
兵士は全員が武器を持っていたようですが、木製のため残されていません。
c0051938_8455643.jpg

c0051938_8461588.jpg

c0051938_846338.jpg

c0051938_8465164.jpg

c0051938_847830.jpg

c0051938_8472696.jpg

c0051938_8483023.jpg

c0051938_8485527.jpg


表面は彩色されていましたが、現在色が残っているのは僅かです。
c0051938_8492573.jpg

発掘された時の状態はこんな風だったようです。
c0051938_8494051.jpg

下級兵士像。
c0051938_8495810.jpg

中級兵士像。
c0051938_8502891.jpg

上級兵士像。
c0051938_8504226.jpg

馬を引く兵士像で、兵士は馬には乗らなかったようです。
c0051938_8505480.jpg

拳法の構えをしている兵士。
c0051938_851128.jpg

馬車ですが、2分の1スケールで精巧に再現されています。
c0051938_8513869.jpg

c0051938_8515376.jpg


発掘や修復作業は現在も続けられており、今後も新たな発見があり得ます。
[PR]
# by kanekatu | 2015-09-08 08:53 | 中国 | Comments(2)

中国シルクロード旅行記(7)敦煌莫高窟

6日目の観光はいよいよ敦煌の「莫高窟」(ばっこうくつ)です。今回のツアー参加者の多くは莫高窟を見るのが最大の目的だったようで、私もそうでした。
莫高窟は敦煌市の近郊にある仏教遺跡です。鳴沙山の東の断崖に、南北1600mに渡って掘られた700あまりの洞窟があり、その中に約2400の仏塑像が安置されています。壁には一面に壁画が描かれ、総面積は4500㎡にもなります。紀元前336年に楽(らそく)和尚により創建されたとされ、その後、元朝までの約1000年間にわたり造り続けられました。建築、彫塑、壁画の保存状態や芸術性の高さには目を見張るものがあります。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。現存する洞窟数は492ですが、その内常時公開されているのは40あまり。他に別料金が必要な特別窟があります。
莫高窟の外観です。
c0051938_832135.jpg


先ず最初に大画面のスクリーンがある映写室で全体の解説があります。
莫高窟が他の観光地を異なるのは、この施設の専門ガイドの案内でしか見学が出来ないということです。今回のようなハイシーズンになると日本語が出来るガイドは限られているので、手が空くまでかなり待たされました。
ようやくガイドが来て、最初に莫高窟のシンボルともいうべき9層の屋根をもつ建物の96窟の前に案内されます。ここで記念写真を撮る人が多い。内部には高さ35メートルを超える大きな弥勒菩薩の座像が鎮座しているそうですが、見学は出来なかった。
c0051938_854215.jpg

見学時間は約1時間30分ほどで、1ヶ所が5分位で10か所程度回ります。どこの窟を回るのかは、その時のガイド次第で、こちらからリクエストすることは出来ません。順不同でかなりの速さで回るので、付いて説明を聞くのが精一杯といった所です。
内部は一切撮影は禁止です。
見学した窟の外観は下の写真の通りです。
c0051938_835711.jpg

c0051938_841074.jpg

c0051938_842212.jpg

c0051938_843462.jpg

内部は感嘆の声が上がるほど素晴らしいんですが、時間に追われて余韻に浸るヒマがありません。
特別窟として今回は57窟と156窟を見学しました。入場が制限されているので多少はユッタリできましたが、それでも説明は短時間で終わってしまいます。特別窟の見学は事前予約制ですが、実際には個人で申し込みは不可能のようで、旅行社を通じての手配となっているようです。
もし、今公開されている窟を全て見学しようと思ったら、何回かに分けて見に来るしかありません。
見学者にとっては誠に不便な仕組みになっています。
それでも毎年多くの観光客が押し寄せるのは、展示物にそれだけ魅力があるという証拠でしょう。

先ほど書いたように内部の撮影は一切禁止なので、皆さんに紹介が出来ません。
止むを得ず、いくつかの写真集から画像を採取し、紹介します。
菩薩と脇侍像は、唐代前期の塑像で、左から比丘(びく)、菩薩、天王の順です。老練な比丘と力強い天王、それと慈愛に満ちた菩薩との対比が鮮やかです。
c0051938_863411.jpg

李聖天図は、10世紀にホータンを統治していた李聖天を描いたもので、彼は当時、毘沙門天の後裔と信じられていました。
c0051938_87372.jpg

脇侍菩薩図はあまりに有名ですが、中央は観音菩薩で、周囲に菩薩や釈迦の弟子が並んでいます。
c0051938_872722.jpg

壁画(部分)は、中国神話の神や異獣たちが描かれていて、現代のイラストを見ているような気分になります。
c0051938_874969.jpg

脇侍菩薩像は北魏時代の塑像で、木の芯に幾重にも葦や草を巻き付け、その上に粘土を塗って固め彩色したものです。
c0051938_894029.jpg

三尊像は隋の時代の塑像で、こうした塑像がやがて東大寺の日光・月光菩薩像につながって行くのです。
c0051938_895825.jpg

飛天図は莫高窟の壁画でも大きなテーマのようで、数が多い。飛天は諸仏の背景に描かれる天人で、歌と踊りがうまいとされ、多くは楽器や花などを手にして宙を舞っています。特徴的なのは、空を舞っているにもかかわらず翼をもたないというところです。
c0051938_8102159.jpg

以下は、壁画が描かれた当時の人々の生活が偲ばれる作品です。横長なのでこのサイトに収めると圧縮されて内容が分からなくなります。縦長で表示しますので、右横を下にしてご覧ください。
収穫の図。
c0051938_8104846.jpg

供養図。
c0051938_8113660.jpg

伎楽の図は、楽器演奏に合わせて舞を舞っている姿が描かれています。
c0051938_8115843.jpg


莫高窟の見学の後は、空路、西安に向かいます。
西安に着いてから夕食は精進料理ということでしたが、どこが?という内容だったので紹介は省きます。
今回の食事は昼食も夕食もいわゆる中華料理で、回転テーブルの上に次々と大皿が並べられ、そこから自分の分を取り分けて行くというスタイルです。メニューに大差がなくどこも同じ様な料理が出てきたので、紹介は省略しました。

7日目は西安の兵馬俑観光などで、観光の最終日となります。
[PR]
# by kanekatu | 2015-09-06 08:13 | 中国 | Comments(2)

中国シルクロード旅行記(6)敦煌②

5日目は敦煌市内の名所観光です。
その前に鳩摩羅什(くまらじゅう)という人物について簡単に紹介します。元々は西域の僧で、4世紀末から5世紀の初めごろの後秦の時代に、長安に来て約300巻の仏典を漢訳し、仏教普及に貢献した訳経僧です。後の玄奘と共に二大訳聖と言われていて、玄奘三蔵による訳経を「新訳」と呼び、鳩摩羅什の訳経を「旧訳」(くやく)と呼んでいます。
最初の観光は「白馬塔」で、4世紀末に鳩摩羅什が敦煌に来た際に経典を担がせていた馬が死んでしまいました。篤信の人々がその馬の遺体をここに葬り塔を建てたのが始まりです。
現在の塔は清の時代に修復されたものです。
c0051938_25133.jpg


「玉門関」は陽関と並ぶ古代の関所跡で、漢の時代にはここまで国家権力が及び、これより先が西域とされていました。今は25m四方、高さ10mの城壁だけが残されています。
c0051938_2512754.jpg

c0051938_251412.jpg

玉門は別れを詠う場所になり、唐の詩人・李白は玉門関の彼方に遠征に行った夫を待つ妻の気持ちを詩に詠っています。
子夜呉歌 
   李白
長安一片月
萬戸擣衣聲
秋風吹不盡
總是玉關情
何日平胡虜
良人罷遠征

*********
長安一片の月
萬戸衣を擣(う)つの聲。
秋風吹いて尽きず、
総て是れ玉関の情。
何れの日か胡虜を平らげ
良人遠征を罷(や)めん。

「漢代長城」は、漢の時代の万里の長城跡です。外敵、特に騎馬民族の侵入を防ぐために馬が乗り越えられない高さの壁が構築されています。
c0051938_2521764.jpg

c0051938_2523038.jpg


昼食はブドウ畑の下で、涼しい風が通ります。
c0051938_252431.jpg

中国の代表的なビールである青島(チンタオ)ビール。
c0051938_253448.jpg


「陽関」は、シルクロードの重要な堅固な関所の1つで、併せて設置された玉門関より南に位置したため「陽関」と称されました。漢代に武帝が河西回廊を防衛する目的で建設したもので、西域交通ルートの要所でした。今は跡地を示す石碑があるだけです。
c0051938_253316.jpg

漢の時代から残されている烽火台です。
c0051938_2534584.jpg

この場所に立って西側を見ると遥か彼方まで何もない茫洋たる風景が広がっています。
c0051938_2535769.jpg

陽関は、中国で古代より孤独な生活を思い詠嘆する地で、特に唐代の詩人王維の詩「送元二使安西」が有名です。日本でも学校の教科書に載っているので、古くから人口に膾炙しています。またこの詩を「蛍の光」のメロディに乗せて歌えることでも知られています。
送元二使安西
     王維
渭城朝雨潤輕塵
客舎青青柳色新
勧君更盡一杯酒
西出陽關無故人
************
(元二の安西に使するを送る)
渭城の朝雨 軽塵を潤し、
客舎青青柳色新たなり。
君に勧む更に盡くせ一杯の酒、
西のかた陽關を出ずれば故人無からん。
【意味】
咸陽(渭城)の朝の雨が軽い砂埃を潤している。
旅館の前の、君に贈る柳の葉も雨で青々としている。
君、ここで更にもう一杯別れの酒を飲んでくれ。
西域地方へ向かう陽関を出てしまえば、もう友人はいないだろうから。

夕食の時に飲んだ西安ビール。
c0051938_25533.jpg

最後は敦煌市民のマーケットである「沙州市場」で、今夜の酒とツマミを買ってホテルに戻りました。
c0051938_2552027.jpg


6日目はいよいよ莫高窟の見学です。
[PR]
# by kanekatu | 2015-09-04 03:00 | 中国 | Comments(2)

中国シルクロード旅行記(5)敦煌①

トルファンの宿泊ホテル火州大酒店。
c0051938_048836.jpg

観光4日目は新しく出来た新疆高速鉄道で、トルファンから敦煌(柳園南駅)へ向かいます。
日本でいう新幹線で、この列車を利用すると4時間で着きますが、以前は1日ががりだったようです。
トルファン駅は砂漠の真ん中にポツンと置かれている感じで周囲は何もありません。誰かが開業当時の新横浜駅みたいと言ってました。
c0051938_0483621.jpg

駅の待合室。
c0051938_0485711.jpg

ホームに列車が入線してきました。車両は山形新幹線に似てます。
c0051938_0492166.jpg

車内の様子です。
c0051938_0493451.jpg

車窓はどこまで行っても砂漠の中で、たまにオアシスが見えます。
c0051938_0495325.jpg

昼食は車中で弁当でしたが、チャーハンに野菜がいくつかという味気ないものでした。
予定通りに柳園南駅に到着。
c0051938_0501241.jpg

新疆ウイグル地区をめぐる騒乱に対処するために、中国政府はこの地域に高速鉄道を敷設し、高速道路の整備を進めています。こうして観光客が増えれば経済効果で地域が潤うという狙いです。しかし地元住民にとっては中央政府の監視がいっそう強まるという警戒感がり、あまり歓迎されていないようです。

本題とは外れますが、中国の郵便ポストです。左側が市内、右側が市外となっているようです。
c0051938_0503850.jpg


柳園南駅から約2時間半かかって敦煌の観光名所の一つである鳴沙山(めいさざん)に到着。
c0051938_051834.jpg

「鳴沙山」はゴビ砂漠の中にある砂の峰で、東西40㎞、南北50㎞という広大なものです。他の地帯と異なりサラサラとした砂が特長で、「月の砂漠」というイメージにピッタリです。
c0051938_0512281.jpg

ラクダに乗って40分ほど砂漠の中を観光です。砂の中の成分の違いや、光の当たり具合によって砂漠は様々な表情を見せてくれます。
c0051938_0514729.jpg

c0051938_0527100.jpg

徒歩で高さ300mほどの砂山に登る人もいました。
c0051938_052326.jpg

鳴沙山の中にある泉が「月牙泉」(げつかせん)で、三日月形をしている事からこの名が付きました。大きさは長さが200m、幅は一番広い所で50m、深さ5mとなっています。
砂漠の真ん中にこうした泉が湧いているのは珍しい光景です。
c0051938_0524890.jpg

c0051938_0525967.jpg


観光後は敦煌の中心街に移動。市内の様子です。
c0051938_053273.jpg

c0051938_0534768.jpg

夕食にシシカバブ(ケバブ)が付きました。羊の肉で日本でいう焼き鳥に似た味です。ビールのオツマミにピッタリで、今回の旅行で初めて美味しいものを食べました。
c0051938_0541677.jpg


次回は敦煌市内の名所を巡ります。
[PR]
# by kanekatu | 2015-09-02 00:54 | 中国 | Comments(2)

中国シルクロード旅行記(4)トルファン

3日目の午後はトルファン観光です。
トルファン市は、中国新疆ウイグル自治区トルファン地区に属し、トルファン盆地の中央に位置し、北に天山山脈を望んでいます。古くより交通の要所であり、シルクロードの要衝として栄えました。現在は観光都市となっています。
ウイグル族が7割、残りは漢族です。
トルファンは海抜がマイナスの場所がほとんどであり、場所によっては-154mにも達しています。そのため夏は猛烈な暑さとなり、最高温度が50℃を超えることもあります。地表の温度は80℃位になるので、地面で卵焼きが出来るそうです。私たちが行く前の週には45℃になり、ツアー客が暑さで倒れたと言ってました。幸いこのツアーの時はやや温度が下がり、35℃前後であったと思われます。

観光のスタートは「火焔山」で、トルファン盆地に横たわる東西に約100㎞、南北約10㎞、平均海抜500mの産地。地殻の褶曲運動により襞の入った山肌は、夏季には暑さのために陽炎が立ち、それがまるで炎の様に見える所からこの名が付きました。
日本人にも「西遊記」でお馴染みの場所です。
c0051938_0285034.jpg

c0051938_0291521.jpg

渓谷の底部には川が流れているのが見えます。
c0051938_0293298.jpg


「ベゼクリク千仏洞」は6世紀から9世紀にかけて石窟の開削が行われ、仏教を信仰していた王族の寺院とされていました。石窟は83窟で、内部には壁画が描かれ仏像が安置されていました。
だたイスラムがトルファンに浸透するにつれ破壊を受け、あるいは地元を訪れた探検家たちによって剥がされて、今では殆んどが残されていません。
c0051938_030424.jpg

c0051938_0302491.jpg


「高昌古城(こうしょうこじょう)」は、5世紀から7世紀にかけてこの地に栄えた麴氏高昌が築いた城址遺跡です。面積は200万k㎡、周囲は5㎞で、外城上、内城、宮城の3つの部分からなっています。当時、ここには3万数千人の人々が住んでいました。ただ建築物の破損が激しく、今は荒涼とした風景が広がっています。
c0051938_030506.jpg

この辺りが城の中心だったようです。
c0051938_0311743.jpg

c0051938_0313519.jpg

高昌は玄奘三蔵の西域求法の発着点でもありました。630年に玄奘がこの地を訪れ、当時の国王・麴文泰から歓迎され、2か月間滞在し説法を行ったことが記録されています。玄奘がインドへ出発の際には、金銀と通行手形、馬に、供を20人ほど文泰から提供を受けとされています(猿と豚と河童はいなかったようですよ)。こういう事が無ければ、玄奘一人でインドへの往復など出来なかったでしょう。
640年に、玄奘がインド遊方の後に帰着した時に文泰との約束で高昌を再訪しましたが、既に文泰は死去し高昌も滅んだ後でした。
この場所で玄奘が仏法を説いたとされています。
c0051938_03263.jpg


水が無くては人間は生きていられなから、砂漠の真ん中にあるトルファンにとって水源の確保が最大の問題です。その水源は天山山脈の雪解け水で、山の麓から20-30mの間隔で井戸を掘って並べ、その底をつなげて水路としました。この技術は11世紀ごろにイスラム勢力より伝わったと言われ、カレーズ と呼ばれています。
c0051938_0323184.jpg


トルファンの産業は、観光以外では農業が主であり、ブドウ・綿花・ハミウリが特産です。
ブドウ畑です。
c0051938_0325879.jpg

生ブドウで出荷し、残ったブドウはこの建屋の中で風を通して干しブドウとなります。
c0051938_0335824.jpg

ブドウ農家のご夫婦です。このご主人は独学で日本語を勉強したそうですが、流暢な日本語をしゃべるのに驚きました。ウイグル族の人は日本語を学びやすいと言ってましたが、私たちにはウイグル語は簡単に学べないですね。
c0051938_0343017.jpg


夕食のレストランに飛び入りで民族楽器の演奏者が来て、いくつか現地の曲と踊りを披露してくれました。
c0051938_03571.jpg

ツアー参加者から女性が指名され一緒にダンスを踊りましたが、なかなか鮮やかでしたよ。
c0051938_0352782.jpg

トルファン名物のラグ麺です。具が多くて汁が少なく、日本のラーメンとは違います。
c0051938_0355072.jpg


4日目はトルファンから高速鉄道で敦煌に向かいます。
[PR]
# by kanekatu | 2015-08-31 00:37 | 中国 | Comments(0)

中国シルクロード旅行記(3)ウルムチ

3日目の午前の観光はウルムチです。
ウルムチ市は、新疆ウイグル自治区の首府で、市区人口は135万人。
「ウイグル」は民族の呼称で、「新疆」はイスラム教を指します。つまりイスラム教(スンニ派)を信仰するウイグル人という意味です。
新疆ウイグル自治区にはウイグル族のほか、漢族、カザフ族、キルギス族、モンゴル族などの民族が居住する多民族地域であり、自治州、自治県など、様々なレベルの民族自治区画が置かれています。
つまり北京中央政府に対しては、宗教と少数民族という両面の対立問題を抱えていて、一部の人々による中国からの分離独立運動も起きています。こうした背景から2009年のウイグル騒乱や、2013年のウイグル族がガソリンを積んだ自動車で北京の天安門に突入し自爆する事件(天安門広場自動車突入事件)などが発生しています。さらにこの事件に対する報復として、漢民族によるウイグル市民への無差別殺害事件も起きていました。新疆はチベットと並んで、中国が抱える民族問題のホットスポットの一つとなっています。
現在は表面的には落ち着いて見えます。
言語・文化・経済の面などにおいて、中国の東部よりもタシュケントのようなはるか西方の各地とより強く結びついています。
面白いのは、中国国内には本来は時差が存在しないのですが、新疆だけは便宜的に北京時間より2時間遅れの新疆時間が使われています。仕事は午前10時が始業時間になっていて、夕食は午後8時頃からスタートの様です。
ウルムチはまた世界で最も内陸部の都市として知られていて、海への最短距離が2300㎞というのだからスゴイ。殆んどの人は海を見ることなく生涯を終えるそうで、泳げる人は皆無に近いとか。

ウルムチの宿泊ホテルの東方王朝酒店。
c0051938_98473.jpg

ウルムチ市内の風景ですが、中心部には超高層ビルが立ち並び、中国の他都市とあまり変わりはありません。
c0051938_99897.jpg

c0051938_992278.jpg

c0051938_993975.jpg


ウルムチでの観光は、新疆ウイグル自治区博物館だけでした。
c0051938_9102714.jpg

上半身が人間で下半身が蛇の男女が混じり合っているこの絵は、ウイグル人の国産み、即ちアダムとイヴの物語を描いたものとか。
c0051938_9104712.jpg

これは唐の時代の美人画で、髷を高く結い、太い眉と頬紅が美人の条件だったようです。現代の美人の概念とは大きな差がありますね。もしかして、楊貴妃もこんな顔だった?
c0051938_9112569.jpg

これはどんな絵だったか忘れましたが、注目したいのは古代のウイグル語は縦書きだったという事です。
c0051938_9114988.jpg

それがイスラム教が入ってきてコーランが伝わるようになってから、今の様な横書きになったそうです。もう一つ、ウイグル語の文法は日本語と同じ
S+O+V
だそうで、そのために普通の中国人よりウイグル人の方が日本語を覚えやすいとか。そう言えば現地ガイドの女性も大学で2年間日本語を勉強しただけで、流暢な日本語をしゃべっていました。
お目当ての楼蘭美女の展示が都合で無かったことと、ウルムチは他にも見所があったのですが博物館だけで観光が終了してしまったのが残念です。

この後はトルファンに向かって3時間のバス移動です。
バスは砂漠の中をひたすら走り、人っ子ひとり見えません。周囲の山も丸坊主です。
c0051938_914897.jpg

砂漠に吹く強い風を利用した大規模な風力発電設備が設置されていました。後方に見える雪山は天山山脈です。
c0051938_9143049.jpg


午後はトルファン観光です。
[PR]
# by kanekatu | 2015-08-29 09:15 | 中国 | Comments(0)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る