タグ:アパホテル ( 2 ) タグの人気記事

「アパホテル」の感想

昨年12月1日に、国内ツアーで初めてアパホテル大垣駅前に宿泊した。
ツアー料金を低く抑えるためかも知れないが、今までツアーで泊まった中では最低のホテルだった。
清掃が行き届いておらず、清潔感がないのが先ずダメ。
そしてもう一つ、机の脇の壁掛けに本が飾られていた。珍しいなと思って手に取ると『理論近現代史学II』という書籍だった。中身を見ると学術的なタイトルとは異なり、南京事件を否定する内容だった。
後から調べたら、何のことはない著者はアパグループ代表の元谷外志雄のようだ。
自分の会社が経営するホテルの客室に、自分が書いた本を飾るという神経を疑う。
因みに南京事件については、2006年の日中首脳会談で歴史共同研究を行うことが決まり日中共同研究が行われ、2010年1月に報告書が発表された。日本・中国双方とも戦時国際法違反の虐殺があったとするが、日本側は規模は不明確とし、中国側は大規模でありえたと記述している。

南京事件には様々な意見があり、それを著作として出版したり、色々なメディアに発表するのは自由だ。
しかし、オーナーの立場を利用してホテルの客室にまで飾るのは常軌を逸していると言わざるを得ない。
ホテルの客室は、宿泊客が心身ともに安らぐ場所だ。
最近はあまり見かけなくなったが、かつて多くのホテルに聖書が備えられていた。ホテルは不特定多数の方が利用するので、信仰する宗教も異なる。そこにキリスト教の聖書を置くというのは反対だった。
ただ、聖書は机の抽斗に収納されており、アパホテルの様に壁に掛かっていないだけマシではあった。
旅行社のツアーアンケートに、今後アパホテルは利用しない方が良いと書いたが、個人として二度と宿泊するつもりはない。

[PR]
by kanekatu | 2017-01-20 11:12 | 国内旅行 | Comments(0)

紅葉の遠州三山と美濃三山(2016/11/28-29)①遠州三山

11月28-29日にバスツアーで紅葉の遠州三山と美濃三山へ。
紅葉が最も映えるのは神社仏閣との対比です。京都の紅葉が特に美しいのはそのためで、例年は京都に行くことが多かったのですが、今年は遠州と美濃の寺社に出かけました。
予想に反して遠州はちょいと早め、反対に美濃は真っ盛りを少し過ぎていましたが、全体としえはマアマアといったところ。
参加者は紅葉派と参詣派に大きく分かれ、参詣派の人は専ら寺社の御朱印を求め、紅葉派は参詣はそこそこに紅葉見物です。私はもちろん後者。

(1)油山寺
早朝に上野を出発し、昼前に最初の訪問地である医王山油山寺に到着。眼病治癒の伝説の寺として知られているようです。
階段を上がると山門。
c0051938_11143484.jpg
境内は他の参拝客もなく静かでした。
c0051938_11143531.jpg
三重塔は桃山時代に建立された静岡県下最古のもので、国の重要文化財に指定されています。
c0051938_11210084.jpg
本堂より三重塔を見たもので、周囲はわずかに色づいていました。
c0051938_11143678.jpg
(2)可睡斎
萬松山可睡斎は徳川家康が名づけた古刹であり、東海地方有数の禅の修行道場がります。
山門。
c0051938_15390467.jpg
境内の紅葉。左が本堂です。
c0051938_15390469.jpg
僧堂は禅の修行を行う施設で、下の写真は庭園。
c0051938_15390505.jpg
大東司は僧堂の中にある79年前に作られた水洗トイレです。優れた設備から国の有形文化財に登録されています。
c0051938_15390521.jpg
周囲の住民から集められた雛人形の段飾り。
c0051938_15390285.jpg
真殿は火伏の大本山。有名な「秋葉の火まつり」はここで行われます。
c0051938_15390341.jpg
池の周辺の紅葉です。
c0051938_15390397.jpg

(3)尊永寺
法多山尊永寺は厄除けだんごで有名な古刹。
今回訪問の寺院はどこも階段が多く、それも200段から250段前後と、年配者にはきつかったようです。

c0051938_16131869.jpg
遠州三山の中では、ここが最も紅葉が進んでいました。
c0051938_16133108.jpg
c0051938_16141878.jpg
左が本堂。
c0051938_16145855.jpg
境内の紅葉。
c0051938_16154231.jpg
c0051938_16162878.jpg
遠州三山の見学の後は名神を西に進み、岐阜県のアパホテル大垣駅前に宿泊。
今まで国内ツアーで色々なホテルに泊まりましたが、設備もサービスもこのホテルが最悪でした。先ず清潔感に欠けていたのがいけません。
ツアー料金を抑えるためなのかも知れませんが、旅行会社もこのレベルのホテルは避けるべきでしょう。

次回は美濃三山の紅葉です。

[PR]
by kanekatu | 2016-12-01 16:39 | 国内旅行 | Comments(0)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る