タグ:紅葉 ( 2 ) タグの人気記事

紅葉の遠州三山と美濃三山②美濃三山


遠州三山とは、静岡県袋井市にある法多山尊永寺、萬松山可睡斎、医王山油山寺の3つの寺院のことです。
また美濃三山とは、岐阜県にある谷汲山華厳寺、両界山横蔵寺、大矢田神社の3つの寺社のことです。
ツアー1日目は遠州三山、そして2日目は美濃三山に加え篠尾山円興寺の4か所の寺社をめぐることになりました。

(1)篠尾山円興寺
山円興寺の本堂には源氏一族の位牌や石塔が残されています。
寺の梵鐘。
c0051938_10074022.jpg
紅葉は盛りを過ぎていて、地面の落葉がまるで赤い絨毯のようです。
c0051938_10073245.jpg
c0051938_10072658.jpg
三重塔。
c0051938_10071560.jpg
本堂。
c0051938_10070819.jpg
(2)両界山横蔵寺
両界山横蔵寺は、多くの国の重要文化財が安置される「美濃の正倉院」と呼ばれています。
但し文化財は全て瑠璃殿に集められ、撮影は禁止なので紹介できません。
紅葉はここ1か所だけでした。
c0051938_10213934.jpg

(3)谷及山華厳寺
谷及山華厳寺は西国33か所の33番目の札所で、結願・満願の寺として知られています。
長い参道の両側は紅葉の並木です。
c0051938_10273481.jpg
山門。
c0051938_10272646.jpg
本堂に続く道の両側も紅葉に染まっていました。
c0051938_10272095.jpg
c0051938_10271268.jpg
およそ250段の階段を上がると萬願堂に達します。
両側には狸の石像が置かれていますが、オッパイのある女狸は珍しいですね。女狐とは言いますが、女狸ってあまり聞いたことがない。子狸も入ったファミリーです。
c0051938_10270687.jpg
c0051938_10265951.jpg
以下は境内の紅葉の写真です。
c0051938_10265282.jpg
c0051938_10271268.jpg
c0051938_10264506.jpg
c0051938_10263829.jpg

(4)大矢田神社
ツアーの最後に訪れたのは大矢田神社で、この時期はもみじ谷とも呼ばれているようです。
こちらも紅葉の最盛期は過ぎていましたが、こういう去り行く秋の風情もまた一興です。
c0051938_10513084.jpg
c0051938_10512136.jpg
c0051938_10511328.jpg
c0051938_10510417.jpg
c0051938_10500221.jpg
残念ながら紅葉の最盛期とはいかなっかのですが、2日間とも好天に恵まれたのが何よりでした。
宿泊はビジネスホテル、食事は毎回バスの車中で弁当という味気ない旅でしたが、寺社の紅葉めぐりというテーマに特化したツアーなので、これは仕方ありません。

(終り)


[PR]
by kanekatu | 2016-12-02 11:01 | 国内旅行 | Comments(0)

紅葉の遠州三山と美濃三山(2016/11/28-29)①遠州三山

11月28-29日にバスツアーで紅葉の遠州三山と美濃三山へ。
紅葉が最も映えるのは神社仏閣との対比です。京都の紅葉が特に美しいのはそのためで、例年は京都に行くことが多かったのですが、今年は遠州と美濃の寺社に出かけました。
予想に反して遠州はちょいと早め、反対に美濃は真っ盛りを少し過ぎていましたが、全体としえはマアマアといったところ。
参加者は紅葉派と参詣派に大きく分かれ、参詣派の人は専ら寺社の御朱印を求め、紅葉派は参詣はそこそこに紅葉見物です。私はもちろん後者。

(1)油山寺
早朝に上野を出発し、昼前に最初の訪問地である医王山油山寺に到着。眼病治癒の伝説の寺として知られているようです。
階段を上がると山門。
c0051938_11143484.jpg
境内は他の参拝客もなく静かでした。
c0051938_11143531.jpg
三重塔は桃山時代に建立された静岡県下最古のもので、国の重要文化財に指定されています。
c0051938_11210084.jpg
本堂より三重塔を見たもので、周囲はわずかに色づいていました。
c0051938_11143678.jpg
(2)可睡斎
萬松山可睡斎は徳川家康が名づけた古刹であり、東海地方有数の禅の修行道場がります。
山門。
c0051938_15390467.jpg
境内の紅葉。左が本堂です。
c0051938_15390469.jpg
僧堂は禅の修行を行う施設で、下の写真は庭園。
c0051938_15390505.jpg
大東司は僧堂の中にある79年前に作られた水洗トイレです。優れた設備から国の有形文化財に登録されています。
c0051938_15390521.jpg
周囲の住民から集められた雛人形の段飾り。
c0051938_15390285.jpg
真殿は火伏の大本山。有名な「秋葉の火まつり」はここで行われます。
c0051938_15390341.jpg
池の周辺の紅葉です。
c0051938_15390397.jpg

(3)尊永寺
法多山尊永寺は厄除けだんごで有名な古刹。
今回訪問の寺院はどこも階段が多く、それも200段から250段前後と、年配者にはきつかったようです。

c0051938_16131869.jpg
遠州三山の中では、ここが最も紅葉が進んでいました。
c0051938_16133108.jpg
c0051938_16141878.jpg
左が本堂。
c0051938_16145855.jpg
境内の紅葉。
c0051938_16154231.jpg
c0051938_16162878.jpg
遠州三山の見学の後は名神を西に進み、岐阜県のアパホテル大垣駅前に宿泊。
今まで国内ツアーで色々なホテルに泊まりましたが、設備もサービスもこのホテルが最悪でした。先ず清潔感に欠けていたのがいけません。
ツアー料金を抑えるためなのかも知れませんが、旅行会社もこのレベルのホテルは避けるべきでしょう。

次回は美濃三山の紅葉です。

[PR]
by kanekatu | 2016-12-01 16:39 | 国内旅行 | Comments(0)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る