タグ:聖ソフィア大聖堂 ( 1 ) タグの人気記事

ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ訪問記(6)

キエフは東ヨーロッパ最古の都市であり、キリスト教の聖地でもあります。
それだけに歴史的な教会や修道院が数多く存在します。
キエフの中心部に立つのは聖ソフィア大聖堂。
ウクライナ最初の中央政権国家キエフ・ルーシ最大の聖堂として1037年に建立されました。その後何度か修復を重ね、現在の姿になったのは1740年で、外部はウクライナ・バロック様式に塗り換えられています。
c0051938_10133235.jpg

1740年の修復の時に建てられた塔。
c0051938_10142333.jpg

ペチェールシク大修道院は1051年の建立。ソフィア修道院とともに世界遺産に登録されています。
c0051938_10151128.jpg

その門。
c0051938_10155410.jpg
聖ムィハイール修道院は、黄金ドーム修道院として親しまれています。
修道院は1108年から1113年までの間の建立された中世キエフ最大の教会です。
1240年のモンゴル軍と、1482年のタタール軍の略奪によって大きな損害を蒙ったが、1469年にウクライナ正教会の修道院として復元され、1620年以後キエフ主教庁の本拠となりました。
ソ連時代の反宗教政策により建物が破壊されましたが、ウクライナ独立後の1998年に修復されました。
c0051938_10165707.jpg

聖アンドリーイ教会は1747年から1754年までの間に建立。
ソ連時代には閉鎖されていましたが、ウクライナ独立後のウクライナ独立正教会所属となりました。
現在は工事中でした。
c0051938_10174753.jpg

ウクライナの教会や修道院は、ポーランド支配下ではカトリックに改宗させられたり、ソ連時代は閉鎖させられたりといった悲劇的な経緯をへて今日に至っています。
市内のその他の施設を紹介します。

独立運動の犠牲者の慰霊写真、一人一人の名前と顔写真が掲示されています。
c0051938_10190819.jpg
その脇に立っていた十字架。変わった形をしているのは、犠牲者の母親の気持ちを表したものだそうです。

c0051938_10183212.jpg


外務省。
c0051938_10203256.jpg

中央公園付近。
c0051938_10211373.jpg

ここからキエフ市内の風景をいくつか。
c0051938_10215345.jpg

c0051938_10223114.jpg

c0051938_10230358.jpg
c0051938_10232893.jpg


これは珍しい、アール・ヌーヴォー様式の建物でしょうか。でも、ちょっと趣味が悪い。
c0051938_10235780.jpg

ガイドに日本についての印象を訊いたら、殆ど知識はないがヒロシマ、ナガサキ、フクシマの事は聞いたことがあり、後は優れた技術を持った国だと言う印象だと答えていました。
夕食のレストラン。
c0051938_10243162.jpg

ウクライナ製ビール。この店は感心なのは、グラスまで冷えていたことです。
これが2ドルほどで呑めるんですから、天国です。
c0051938_10245317.jpg

ウクライナ風ボルシチ。
c0051938_10251712.jpg

メインはキエフ風カツレツ、チキンカツでした。
c0051938_10254370.jpg

スイーツは果実風味のアイス。
c0051938_10261272.jpg

泊まりはホリディインキエフ。
c0051938_10270485.jpg


[PR]
by kanekatu | 2017-08-11 10:27 | ウクライナ | Comments(2)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る