西バルカン6ヶ国周遊記15(ボスニア・ヘルツェゴビナ2回目)

夕方にサラエヴォに到着。ホテルは”HOLLYWOOD”、なんだかキャバレーみたいな名前。
c0051938_6232726.jpg

チェックインしてからレストランへ向かいました。途中のバスの車窓から見たサラエヴォの街の景色です。
トラムの走るこの道路がスナイパー(狙撃兵)通り。こんな物騒な名前が付いたのは、ボスニア紛争中にこの通りで動く者全てが、高層ビルにひそんだ狙撃兵の標的になりました。老人も子供も女性も全て犠牲になりました。
c0051938_6241325.jpg

旧ホリデイ・インは戦時中ジャーナリストのたまり場になっていたホテルで、今は名前が変っています。
c0051938_6244776.jpg

外資系企業のビルも建っています。
c0051938_6261370.jpg

夕食の写真が無いのは段々面倒になってきたせいか。

観光9日目はサラエヴォ市内見学からスタート。
ハンガリー=オーストリア帝国時代に市庁舎として建てられその後は国立図書館として街のシンボルでしたが、紛争の時の砲撃で全焼、蔵書も全て灰燼に帰してしまいました。
現在は再建工事中です。
c0051938_6264087.jpg

バチチャルシャは旧市街の中心にある職人街。
c0051938_627079.jpg

バチチャルシャ通りの中央にある水飲み場(セビリ)。
c0051938_6272111.jpg

赤レンガの古い家屋が軒を連ねています。
c0051938_6273544.jpg

白壁に格子窓というのは日本的なものも感じますね。
c0051938_6275389.jpg


ガジ・フスレヴ・ベイ・ジャーミヤは1531年に建てらえたこの国の最も重要なイスラム寺院です。ガジ・フスレヴ・ベイは当時のボスニア総督で、数々の公共施設を建てサラエヴォの発展に貢献しました。
c0051938_628359.jpg

ブルサ・ベジスタンは16世紀オスマン朝時代に建造された旧絹取引所。現在は博物館になっています。
c0051938_6285827.jpg

イスラム時間を指す時計塔
c0051938_629238.jpg


市のトラムで、この左にラティン橋があります。
c0051938_6294653.jpg

この三叉路が第一次大戦の引き金になったサラエボ事件現場です。オーストリア皇太子夫妻の車列は、往きは大通りの左から右へ進み、この時に爆弾が投げられ夫妻は無事でしたが随行の人が20名亡くなっています。帰路は大通りを右から来て右折する予定でしたが、急きょそのまま直進するよう変更していました。処が運転手が勘違いしたのかこの角を右折してしまい、今はサラエヴォ博物館となっている右側の建物に潜んでいた青年ボスニア党のガブリロ・プリンツイプによって狙撃されてしまいます。
何となくケネディ暗殺事件を思わせます。
c0051938_6301320.jpg

ホテルヨーロッパは数々の名士が宿泊した名門ホテル。
c0051938_6303555.jpg


旧正教会は16世紀建造のセルビア正教教会。
c0051938_631616.jpg

内部の装飾にはトルコの影響も感じます。
c0051938_6312365.jpg

c0051938_6314240.jpg


サラエヴォを離れ、最後の観光地ヴィシェグラードに到着。先ずは昼食で生ビール。
c0051938_6323447.jpg

瓶ビールも。
c0051938_6324825.jpg

メインはハンバーグステーキ。
c0051938_63394.jpg


ヴィシェグラードはセルビアとの国境近く、ドリナ川沿いにある小さな町ですが、ボスニア出身のノーベル賞作家イヴォ・アンドリッチの作品「ドリナの橋」の舞台となったことで一躍有名になりました。
c0051938_6334138.jpg

下の家はイヴォ・アンドリッチ氏の自宅。
c0051938_6335292.jpg

世界遺産に登録されたメフメット・パシャ・ソコロヴッチ橋は16世紀の建造。設計はトルコの建築家ミマール・スイナンで、11のアーチから成る全長175mの橋は建築技術の高さと共に、その美しさは彼の最高傑作と評されています。
c0051938_6341139.jpg

橋を渡ると旧市街に出ます。有名なアンドリッチグラードは左側にありますが工事中でした。
c0051938_6342333.jpg

見学に来ていた小学生、雨が降ってきたので急いでバスに戻るところです。
c0051938_63435100.jpg


これでボスニア=ヘルツェゴビナの観光は終了。
これから国境を越えて最後の訪問地セルビアに入国です。
[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2014-06-29 10:11
1914年6月28日がサラエボ事件の日、101年目ですね。
Commented by kanekatu at 2014-06-29 12:04
佐平次様
第一次世界大戦開戦100周年の日を迎えましたが、不戦の誓いどころか日本を戦争が出来る国から戦争する国へと変えようとしている、実に嘆かわしい現状です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kanekatu | 2014-06-29 06:36 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | Comments(2)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る