神しろしめす国ギリシヤ・その8

乗船して2日目の夕食はギリシャの夕べと称して、ビュッフェスタイルではなくグループでの食事となりました。カジュアルですが、一応ギリシャに因んだ服装ということで、国旗の青と白を入れた服を着た人が多かったようです。
夕食のメニューもギリシャ料理でしたので、ここで紹介します。
先ずはメゼと呼ばれる前菜ですが、左側はイカのリング揚げでこれが最もポピュラーです。右側は名前を忘れましたが、コロッケに似たものです。
いずれも酒のツマミにはピッタリです。
c0051938_15482636.jpg


次にこれも前菜の一種ですが「ドルマーテス」という料理で、米と挽き肉をブドウの葉でくるんだもので、ギリシャの代表的な料理の一つです。
c0051938_15485469.jpg


メインは「ムサカ」で、ナスとチーズと挽き肉の重ね焼きになります。
c0051938_15491436.jpg


こちらは3日目の夕食のメインですが、鶉(ウズラ)です。卵は良く食べますが、肉は初めて食しました。味は鶏肉と殆んど変わりません。
c0051938_15493187.jpg


グリークサラダですが、白く見えているのがフェタチーズです。
c0051938_15495040.jpg


こちらも3日目のメニューで、スモークサーモンのサラダです。なかなか美味でした。
c0051938_1550244.jpg


この後スイーツが出ますが、私は甘味が苦手なので、手を付けないことが多い。
食後の飲み物はコーヒーですが、グリークコーヒーはコーヒー粉を煮出して飲むので、好みがあります。
普通のコーヒーが良ければ、ネスカフェと注文します。要するにインスタントです。

アルコールですが、今回は真夏のツアーなのでやはりビールが多かったですね。国産のラガービールは「ミトス」というブランドで、どこへ行ってもこれが出てきます。味はあまり上等とは思いませんが、馴れてくるとこれで十分です。
ワインは豊富で、テーブルワインしか飲まなかったのですが、飲みやすいと感じました。一人旅だとボトルで取れないので、色々な銘柄を試す事ができず不便です。
島ごとに地ワインが醸造されていますから、好きな方は行く先々で飲み比べることができます。
ギリシャ名物の蒸留酒「ウゾ」は香りが強烈で、味は更に強烈です。私はテキーラでもウオツカでもストレートで飲めますが、「ウゾ」は一度で懲りました。

ギリシャ料理というと、何となくシーフードを連想しますが、やはりメインは肉料理となります。
味ですか? やはり日本料理が一番ですね。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kanekatu | 2008-08-26 15:52 | ギリシャ | Comments(0)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る