神しろしめす国ギリシヤ・その10

サントリーニ(現地の名はティラ)の観光は、エーゲ海クルーズのハイライトと言っても良いでしょう。ギリシャの観光ポスターには大抵、この島の写真が使われています。本エントリーの画像を見て、あれかと思い当たる方も多いと思います。ツアー参加者の多くは、サントリーニ島の観光が目当てです。そうした事情を考慮してかこのツアーでは、本来は船のオプショナルツアーとなっていた島の観光を、旅行社主催で行いました。専用バスと添乗員が付きますので、この企画は大変良い。

サントリーニ島の歴史は古く、紀元前3000年前頃にはクレタ島からミノア人が移り住んだと言われています。キクラデス文明がこの地で花開くのですが、およそ紀元前1500年前に起きた火山の大爆発により、島の中心部は沈み、文明も一挙に滅びてしまいます。
サントリーニは火山島であり、元々は円形だったのが、噴火を繰り返す中で次第に現在のような三日月形の島になったようです。
この事から、伝説のアトランティス大陸がこのサントリーニではないかとの仮説も生まれています。
近年では1956年に大噴火があり、島内の町の大半が焼失してしまいました。現在の町は、その後に再建されたものです。

船が島に近付くにつれて、目の前に赤茶色の断崖が迫ってきます。山頂に冠雪したみたいに、崖の上に白い建物が見えますが、サントリーニの中心フィラの町です。今まで見て来た島々とは異なり、荒々しい印象を受けます。
c0051938_11495994.jpg


船は沖合いに停泊し、テンダーボートでアテェニオス港に到着、そこからバスでイアに向かいました。イアは小さな町ですが、断崖沿いに小さな家や教会が立ち並ぶ、サントリーニ観光の最も人気の高い場所です。
バスを降りて、先ずイアの中心スクエアに着きました。広場の前に教会があり、ここを起点として、海沿いの道を自由に歩き回ることになります。
c0051938_11501689.jpg


以下に、イアの町の風景を紹介しますが、説明は不要でしょう。
c0051938_11505553.jpg

c0051938_11511077.jpg

c0051938_11512252.jpg

c0051938_11513695.jpg

c0051938_11515091.jpg

c0051938_1152419.jpg

c0051938_11524810.jpg

c0051938_1153727.jpg


この光景の美しさは、一生思い出に残ると思います。

イアの観光を終え、バスでフィラの町に戻りました。写真は海沿いの風景ですが、断崖の上に町がつくられていることが良く分かります。
c0051938_115473.jpg

c0051938_11542511.jpg


オールドポートに戻るには、
・ケーブルで下りる
・ロバに乗って下り
・徒歩で下りる
という方法がありますが、殆んどの人はケーブルで下りて、船に戻りました。

エーゲ海クルーズは、ここで全ての予定を終了し、翌朝の下船を待つことになります。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kanekatu | 2008-08-31 11:56 | ギリシャ | Comments(0)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る
更新通知を受け取る