<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

コーカサス三国旅行記(12)

早朝出発したバスはトルコとの国境に向けて南下します。
今回のツアー参加者の中には、目的がアルメニア側からアララト山を見たいからという方が何人かおりました。旅の楽しみ方は様々です。
この日は好天に恵まれ、絶好のアララト日和です。
先ずはホルヴィラップ修道院の背景にアララト山が浮かぶという絵葉書的情景を1枚。
c0051938_9144282.jpg

そのホルヴィラップ修道院の全景です。
c0051938_9151064.jpg

ホルヴィラップとは「深い穴」を意味し、由来は3世紀末当時の王・ティリダテスがキリスト教の布教を行っていた聖グレゴリウスをこの穴に幽閉したと言われています。今でも地下牢が残されています。
教会は17世紀に建てられました。
c0051938_9154087.jpg

教会の祭壇。
c0051938_916072.jpg

修道院のバルコニーからのアララト山の眺望は素晴らしい。
右の冠雪した大きな山が大アララト(マシス、標高5137m)で、左の富士山のような形の小さな山が小アララト(シス、3896m)です。
この景色を見るためだけにツアーに参加した人たちは、もうこれだけで満足したと喜んでいました。
c0051938_9162586.jpg


アララト山は旧約聖書にでてくるノアの箱舟が大洪水の後、流れ着いたとされる山と目されています。、実際には現在のアルメニア高地のどこかと考えられています。
アララト山頂から見つかった古い時代の木の化石や、航空写真から見出だした方形の船の跡らしいものをノアの箱舟の痕跡だとし、ノアの箱舟伝説が実証されたと言われています。
疑問は感じますが信じるしかありませんね。「信じる者は騙される」。
アララト山は古くからアルメニア人の多く居住してきた地域(大アルメニア)の中心にあたり、アルメニア民族のシンボルとされています。
オスマン帝国時代まではアララト山の麓には多民族と共に数百万人のアルメニア人が暮らしていました。
第一次世界大戦中の強制移住によりトルコ領内からはほとんどアルメニア人が追放されます。この時に起きたのがトルコによるアルメニア人虐殺です。
その後一時期、アルメニア人がアララト山の麓まで領土に含めたアルメニア国家を独立させる運動が起きるのですが、再びトルコに奪還されてしまいます。
しかし現在でもアルメニア人のシンボルであることは変わらず、国章の中央にアララト山が描かれています。
c0051938_9171179.jpg


日本でいえば富士山みたいなもので、富士山が他国の領土になるとしたら釈然としない筈です。
アルメニア人虐殺問題をとり上げ領土要求の構えを見せるアルメニアを警戒するトルコとの間で水面下の対立が続いています。
領土問題というのは常に国家間の紛争の種です。

次の観光地はマテナダラン(古文書保管所)で1959年に開館した世界有数の施設です。
およそ18000点が保管されているということです。
本館の正面の像は”メスロプ・マシュトツ”で、405年にアルメニアの文字を生み出した人です。
c0051938_918922.jpg

新館の一部が公開されていて、美しく装飾された古文書が展示されていました。
葛飾北斎の書もありました。
c0051938_91835100.jpg


バスは再びエレバンの中心部に向かいます。
車窓からは1930年代に建築家タマニャンが設計し建てられたオペラハウスや、ハチャトリアンの像などが見られました。
昼食は”プラハホテル”です。
先ずサラダ、こんなヴォリューム。
c0051938_920241.jpg

これもサラダ。ワインのおつまみ。
c0051938_9201654.jpg

スープが出て、メインのガルニャラ(野菜に挽き肉を詰めて焼いたもの)。
c0051938_9203232.jpg

スイーツはガタというアルメニアの菓子、もう食えない。
c0051938_9204143.jpg

可愛らしい店員を見つけてカメラを向けたら、ハイ・ポーズしてくれました。サービス精神旺盛です。
c0051938_921148.jpg

[PR]
by kanekatu | 2012-08-31 09:23 | アルメニア | Comments(2)

コーカサス三国旅行記(11)

昼食はアラベルディという街の”フローラレストラン”でとりました。
写真手前はマズンというアルメニアのヨーグルト。
c0051938_8454493.jpg

紙のように薄いパンはラバッシュ。
c0051938_8462067.jpg

温かい野菜スープに
c0051938_8464115.jpg

豚肉のBBQは手で豪快に食べます。
c0051938_847320.jpg


セヴァン湖は標高1890mにある湖で広さは1,400k㎡というから琵琶湖の2倍です。この高さにある淡水湖としては世界最大級です。
c0051938_8475371.jpg

湖から250段の坂を上がりセヴァン修道院へ向かいます。
人気スポットらしく家族連れが大勢いました。
c0051938_8481594.jpg

セヴァン修道院は874年に建立されました。
当時の王族・バグラト家の王女が、若くして亡くなった夫のために建てたとされています。
c0051938_8484133.jpg

美しく飾られた祭壇です。
c0051938_849045.jpg

セヴァン修道院から見たセヴァン湖。
c0051938_8493423.jpg


夕方7時になってようやく首都エレバンに到着。”ミミノレストラン”で夕食です。
どこのレストランでも前菜とパンはテーブルに用意されていて、飲み物を注文してからスープ、メイン、果物とスイーツ、コーヒーか紅茶という順番になります。
この店のサラダですが、もっと沢山の量が用意されているのですが、サラダとパンをまともに食べているとこれだけで腹が一杯になってしまいます。だから控え目に。
c0051938_8503548.jpg

パンは種類が多い。
c0051938_8505754.jpg

ドルマはロールキャベツ。
c0051938_8513534.jpg


宿泊はエレバン市の中心である共和国広場の真ん前、マリオットホテルです。
さすがに格式の高いホテルで、今回のツアーでは最上級です。
c0051938_852394.jpg

部屋はミニスイートだったようで3室あり、寝室にはキングサイズのベッド。枕が6つもあってどこへ頭を乗せていいか迷います。
c0051938_8522335.jpg

[PR]
by kanekatu | 2012-08-27 08:54 | アルメニア | Comments(2)

コーカサス三国旅行記(10)

ツアー6日目は朝から雨模様。トビリシを出発していよいよ最後の訪問国・アルメニアに向かいます。
バスで国境を越えるのは風情があっていいものですが、国によってはやたら時間が掛かるのが欠点です。
今回は出入国ともスムースで1時間以内で済みました。施設内にはトイレ(トイレが無い国もあるんですよ)や売店もあるし、アルメニア側での両替も順調。今回は楽でした。
感心したにはグルジア側の現地ガイド・クリスティーナさんがアルメニア入国まで付き合ってくれたことです。出国手続きさえ手伝わなかったアゼルバイジャンのガイドとは大違い。
アルメニアの現地ガイドはリリットさん、チャーミングな人です。ツアーのお爺さんたちは大喜び。
日本語が上手だと思ったら大学で日本語を学んだ後、日本人と結婚しています。

アルメニアの地図は下記の通りで、西にトルコ、北にグルジア、東にアゼルバイジャン、南にアゼルバイジャンの飛び地ナヒチェヴァン自治共和国とそれぞれ国境を接しています。
c0051938_18152173.jpg

国名はアルメニア共和国、但し国民は自国のことをハヤスタンと呼んでいます。
面積:29,800k㎡、日本の13分の1
人口:約310万人
首都:エレバン
民族構成:アルメニア人(93%)、ロシア人(2%)など
言語:アルメニア語
宗教:アルメニア正教(94%)、ロシア正教(4%)など
一人当たりGDP:5,272ドル
通貨:ドラム(AMD) 1AMD=0.2円
国旗は赤(独立闘争で流された血)、青(豊かな国土)、橙(国民の団結と勇気)の三色。
c0051938_1816021.jpg


世界史的にはキリスト教を初めて国教にした国として有名です。
私がアルメニアに興味を抱いたきっかけは、エルサレムを訪れた時にキリストの聖墳墓教会の中でアルメニア使徒教会がとても良い位置を占めていたことでした。やはり老舗の強みなんですかね。

最初の観光地はアルメニアで最初の世界遺産として登録された「ハフパト修道院」です。
976年に当時の王アショットと女王ホスロヴァヌーシェが二人の息子のために教会を建てたものですが、その後13世紀までに次々と他の施設が建てらて修道院となりました。
教会の外観。
c0051938_18164852.jpg

入り口。
c0051938_18172855.jpg

祭壇ですが何もありません。余計な装飾があるとそちらに気を取られ、礼拝に支障があるのだそうです。
c0051938_18174092.jpg

アルメニア教会の特徴の一つに「カビット」があります。目的は次の通り。
・教会内部が狭いためここでもお祈りできるようにする
・罪人や洗礼を受けていない人はここまでしか入れない
・集会の会議室に使用する
c0051938_1818182.jpg

聖母教会の祭壇には聖母子の絵(イコンではない)のみが飾られていました。
c0051938_18182788.jpg

建物の構造は4本の柱と4本のアーチからなる「アルメニア様式」。
c0051938_18185753.jpg

1245年に建てられた鐘楼。
c0051938_1819020.jpg

アルメニア正教にはイコンがありません。
その代りにハチュカル(十字架石)を大事にしています。形状は高さ約3mの長方形で、墓石として、大事な記録として使われ、天災や病気から守ってくれる魔除けとしての役目もあるそうです。
左側の女性がガイドのリリットさん。
私を見てアルメニア人はこうなんだと思わないで下さいと言ってましたが、確かに標準的なアルメニア人とは異なっています。
c0051938_18195533.jpg

この他、図書館からワイン貯蔵庫まで何でもアリの修道院でした。
[PR]
by kanekatu | 2012-08-24 18:22 | アルメニア | Comments(0)

コーカサス三国旅行記(9)

グルジア観光二日目の午後は国立美術館からスタート。
ここの目玉はグルジアが生んだ天才画家”ニコ・ピロスマニ”の絵画なんですが、残念ながら現在貸し出し中。
仕方なく宝物館を見学。入場制限がありツアーのグループも3班に分けての見学、もちろんカメラ禁止。でも中味はイコンが主で、それほどの「お宝」とは思えなかった。
ニコ・ピロスマニといえば「百万本のバラ」のエピソードで有名。
1862年に貧しい農家に生まれ、トビリシに出てきて働きながら絵を描いていました。
ある日街を訪れたフランスの女優・マルガリータに出会い恋におちます。そして自らの愛を示すために、彼女の泊まっているホテルの前の広場をバラの花で埋め尽くします。
きっと迷惑だったろうな。
この伝説をもとに「百万本のバラ」が作られ世界的にヒット、日本でも加藤登紀子が歌い有名になりました。
かつての上司がこの歌が好きで、カラオケに行くと必ず歌うんです。
こちらも迷惑。

丘の上に立つメテヒ教会、古くから砦があった場所に13世紀後半、教会として建てられました。
帝政ロシア、ソ連邦治下の時代には劇場として使われていました。
c0051938_1153379.jpg

グルジアの角栄と呼ばれている(ウソですよ)ワフタング・ゴルガサリの像。
c0051938_1161353.jpg

ここからトビリシ旧市街が見渡せます。
c0051938_1163236.jpg

橋の下に流れるのはクラ川。
c0051938_1165612.jpg


”トビリシ”というのは温泉の街という意味だそうで、古くからハマムと呼ばれる公衆浴場が沢山あったようです。垢すりやマッサージもしてくれるとか。
c0051938_1114229.jpg

5世紀にこの温泉を発見したとされる鷹の像ですが、周囲はちょうど工事中でした。
c0051938_11141729.jpg

ハマムの脇にある公園でドミノに興じる男性たち。
きっと賭けてるんだろうな。
c0051938_11144395.jpg


レストランやお洒落なカフェが並ぶシャルデン通りです。
アジアンというより欧風ですね。
c0051938_11153451.jpg

c0051938_11162064.jpg

c0051938_11164212.jpg


グルジアに人々は親しい人を招いて宴会をするのが好きなんだそうです。
その宴会部長を”タマダ”といい、乾杯の音頭を取ったり話題をリードする役目だとか。
そのタマダ像。
c0051938_11171236.jpg


1910年に建てられたシナゴーグです。
c0051938_11181895.jpg

一階は工事中でしたが、二階が教会というのは珍しい。
c0051938_11183046.jpg

周囲はユダヤ人のゲットーです。
c0051938_1119499.jpg


シオニ教会6世紀に創建、現在の建物は13世紀のものとか。
聖ニノの十字架が保管されています。
c0051938_11192737.jpg


さて夕食は”グルジアワインセンター”、名前から分かる通りかつてのワイン貯蔵庫です。
地下にあって涼しいんです。
c0051938_11201910.jpg

メインの鱒料理。
もちろん、美味しいワインをお供にして。
c0051938_11203833.jpg

ハチャプリ(チーズパイ)。
c0051938_11205141.jpg

フルーツは盛りだくさん。
c0051938_11214884.jpg


宿泊は前日に続き”コートヤード”、アゼルバイジャンのホテルに比べ快適。
[PR]
by kanekatu | 2012-08-21 11:24 | ジョージア | Comments(2)

コーカサス三国旅行記(8)

グルジア観光の二日目はワインの産地であるカヘティ地方に向かいます。
旧約聖書によれば初めてワインを造ったのはノアで、コーカサス山脈付近とされているようです。
この地方に住む人が何かのひょうしに葡萄からワインが出来るのを発見した可能性が高い。
グルジアのワイン文化は8000年ともいわれ、紀元前3000年頃にはここからエジプトに伝わったそうです。
以前リビアを訪問したとき、あそこはアルコール全面禁止の国ですが、現地の人にあなた方は本当にアルコールを口にしないんですかと訊いたら、絶対に飲まないという答えでした。でも・・・と続けて、葡萄ジュースを長く貯蔵していると味が変わるんです、それは皆が呑んでます、と。なーんだ、結局隠れてワインは呑んでじゃないかと大笑い。
落語の禁酒番屋じゃないが、やっぱり酒を禁止するってえのは無理があるんじゃない。

到着したのは「グルジャーニワインハウス」というワイナリー。
300年の歴史のあるワイン農家で、こちらがご当主のギウさん。
c0051938_18283328.jpg

早速ワインの製造プロセスやそこから蒸留して造る「チャチャ」を説明してくれましたが、皆さんの関心は専ら試飲会に。
この後、ここで昼食。
ハチャプリ(チーズピザ)やシャシクリ(豚の串焼き)などが出されましたが、なんと言っても焼き立てのパンに飲み放題のワイン、これです。
私も4日前の失敗などケロッと忘れてタップリ頂きました。
c0051938_18293012.jpg

昼食後は熟睡状態のままバスに揺られて約2時間、再びトビリシに戻ります。

脱線ついでに、ロシア民謡に次いで「歌声喫茶」に触れてみたいと思います。
ある程度の年齢以上の方なら、どなたでも一度や二度は「歌声喫茶」に行かれた経験があるでしょう。誕生は1954年といわれていますが、当時は都内だけでも何軒もの店がありました。
歌集を片手に飲み物を飲みながら、アコーディオンを抱えたリーダー役の人が次から次と選曲し、全員が声をあわせて歌うというスタイル。店によっては歌とダンスを組み合わせたショウタイムを設けていました。
曲目の中心はロシアの民謡や歌曲でした。

「歌声喫茶」の誕生に大きな影響を与えたのはソ連映画「シベリア物語」です。
1947年に制作され日本では1948年に公開されました。苦難を乗り越えてシベリア開拓に立ち向かう人々を描いたミュージカル映画です。今から見れば笑いたくなる位のプロパガンダ映画ですが、戦後の貧しい生活の中で経済復興に励んでいた人々、特に若者たちは感銘を受けたようです。
ストーリーもさることながら、映画の挿入歌として使われた「バイカル湖のほとり」や「君知りて」などのロシア民謡が広く口ずさまれることになります。

前後してシベリア抑留者が順次日本へ帰還してきますが、そうした人々の中の音楽家たちが中心になってロシアの歌曲が紹介されるようになり、中央合唱団や合唱団白樺などが中核となって「うたごえ運動」が起きます。
またダーク・ダックス、ボニー・ジャックスなどのコーラスグループによってこうした曲がメディアを通じて全国に流れるようになります。
もう一つの要因として、労働組合運動や学生運動の興隆があげられます。
合唱は連帯感を高めますので、運動には不可欠です。
若い人たちのレクリエーションでも、当時は歌声とフォークダンスは不可欠だったといって良いでしょう。

1970年代になると、労働運動や学生運動が沈静化し、歩調を合わせるように「うたごえ運動」も下火になってゆきます。
その結果「歌声喫茶」も閉店する所が増えてゆきます。
もう一つの要因としてあげられるのは、「ロシア民謡」ブームの背景には、ソ連という国と社会体制に対する憧れが内在していました。
しかしソ連の実情が伝わるなかで、多くの人たちが幻滅を感じるようになったことも大いに影響したと思います。
「歌声喫茶」の衰退とほぼ入れ替わるようにカラオケブームがやって来ます。
合唱から独唱への移行です。集団から個人の時代へ。連帯から孤立へ。

しかし「うたごえ運動」も「歌声喫茶」も消滅したわけではありません。
ドッコイ生きてます。
下記はドイツの詩人ツェザール・フライシュレンの詩の一節です。

くちびるに歌を持て
ほがらかな調子で。
毎日の苦労に
よし心配が絶えなくとも!
くちびるに歌を持て
そうすりゃ、何がこようと平気じゃないか!
どんなさびしい日だって
それが元気にしてくれる!
(山本有三訳)

人々に勇気を与え元気にしてくれる「歌」は、これからも求められ続けると思います。

脱線ここに極まれり。
次回からはマトモな旅行記に戻します。
[PR]
by kanekatu | 2012-08-18 18:32 | ジョージア | Comments(2)

「ゆがわら石亭」に泊まる(2回目)

突然の割り込みですが、お盆休み(ってたってコチトラ年中お休みだけどさ)に「ゆがわら石亭」に一泊してきました。妻と二人です、残念ながら。
3年前の同じ時期に来ていますので、リピーターというわけです。
自宅から旅館までドアツゥドアで約2時間で行けますから便利です。
湯河原駅から送迎はなく路線バスを使うことは出来ますが、急坂を徒歩で登ることになるので年配者にはお薦めできません。
タクシーなら10分以内、1000円以下で着きます。
玄関を入ると上がり框から全て畳敷き、スリッパ無しでそのまま部屋に通されます。廊下も含めて全部が畳敷きというのも珍しい。
ここはチェックインもチェックアウトも部屋で済ませるので楽です。

部屋は居室が8畳に6畳の次の間がついています。
居室の床の間。
室内の壁は全て塗り壁。
c0051938_11394111.jpg

次の間で、冷房が苦手な妻と別居して、この部屋が私の居室。
c0051938_11394242.jpg

部屋の入り口でこのように全て畳敷き。
c0051938_11402050.jpg

障子の格子も凝ってます。
c0051938_11401932.jpg

天井に竹が使われているのも珍しい。
c0051938_11405661.jpg

この旅館の内装は非常に凝っていている反面、設備は全体に老朽化しているので引き戸が開けにくかったりという問題点もあります。
こういう内装を愛でることが出来る人には良いでしょうが、居住の快適さを求める人には不向きだといえます。

でも何となく前回と印象が違うなと思っていたら、今回の客室従業員(仲居さん)が年配の方で着物も地味な柄でした。
前回は若い人で、着物も藤色の明るい色だったんです。だから室内の渋さとは対照的な華やかなさが目立っていたということです。
会話も前回はとてもフレンドリーで好感が持てましたが、今回は極く普通に見えました。
良し悪しではなく、仲居さんによって部屋の雰囲気さえも変わってしまうという一例です。

大浴場はそれほど大きくはありませんが二つあり、いずれも露天風呂が広々としていて解放感があり、周囲には天然石や松、石灯籠が配置されていてとても良い雰囲気です。
洗い場が二か所というのは少ないですが、この旅館が全部で12室なので人数も少なくそれほど不便は感じません。
24時間いつでも、それにタオルとバスタオルが風呂場に備えているので、風呂には手ぶらで往き帰り出来るのは便利です。

「ゆがわら石亭」は割烹旅館ですから、なんていっても料理が売り物です。
先付は雲丹豆腐とキャビア山葵、前菜は川海老、鉢かつぎ、茗荷寿司など。
これを冷えたビールで頂く。
c0051938_11415312.jpg

吸い物は無花果葛打ち。
c0051938_11422697.jpg

お造りは鯛、勘八、鯵、烏賊など。二人前が大皿に盛られてきます。
右端にあるのは鯵煎餅、3枚に下ろした鯵の骨を唐揚げにしたもので、これが酒の肴にピッタリ。
c0051938_1143813.jpg

ここらで冷酒に切り替え、左から山形の大山、静岡の正雪、山形の出羽桜の3種。私は出羽桜、妻は大山に軍配。
c0051938_11432618.jpg

鮎の塩焼き。妻がどうして笹の葉に乗せてくるのかしらと訊くから、それは「鮎の笹焼き(愛の囁き)」の洒落だと教えてやりました。
c0051938_11434639.jpg

煮物は穴子信太巻。
c0051938_1144054.jpg

揚げ物は豚角煮とじゃが芋揚げ、酢の物は白だす蛸龍皮巻き。
c0051938_11442110.jpg

これにご飯、お新香、赤だしのお食事が出て、最後はフルーツ。
いずれの器も料理も凝っていて美味、さすがという処です。

翌朝の朝食で、一見平凡に見えますがサラダの下におぼろ豆腐が敷かれていたり、蕎麦に温泉卵が入っていたり、これまた手を加えているのです。
c0051938_11451221.jpg

この旅館は私たちのような年配の夫婦が美味しい料理を食べて、ゆっくり温泉につかるというような宿だと思います。

次回からは「コーカサス三国旅行記」の続きに戻ります。
[PR]
by kanekatu | 2012-08-16 11:46 | 伊豆・箱根 | Comments(2)

コーカサス三国旅行記(7)

これから先の軍用道路も舗装こそされているものの道幅が狭くなり、大型車がすれちがう時なぞは道路の端ギリギリに寄せることになり、片側が崖の所ではスリルを味わうことになります。
こんな山の中にも集落があるんです。
c0051938_8554832.jpg

標高が高くなったのを実感します。写真の左下に見えるのが先ほど通ってきた道路です。
c0051938_8561468.jpg

右上に軍用道路の一部が見ますが、こんな状態です。
この写真を撮るときは結構怖い思いをしました。
c0051938_8562978.jpg


「グルジア・ロシア友好条約200年記念碑」は1783年に条約が締結された200年後の1983年に建てられました。
壁面にはグルジア、ロシア双方の歴史などが描かれていますが、両国の関係が悪化している現状の反映か、壁の一部が落下したままの状態です。
なんか俗悪なデザインですね。
c0051938_8572271.jpg

ここでは現地ガイドに対する質問はスターリンに集中していました。
グルジア独立後も出身地ゴリを中心にスターリンを敬う風潮は残されていたそうですが、2008年に南オセチアをめぐるロシア・グルジア紛争を経てロシアとの国交を断絶してからは、スターリンを良く言う人はいなくなったとのこと。ゴリにはスターリン博物館はあるがそれはあくまで歴史的なものと解釈しており、銅像は撤去されているという説明でした。

ヨシフ・スターリン (1878年12月18日– 1953年3月5日)はソビエト連邦の最高指導者であり、第二次世界大戦でドイツ軍を破り大戦を終結させた軍の指導者でもあります。
スターリンが死んだとき私は小学生でしたが、当時号外が出ていました。今の号外は街頭でタダで配ってくれますが、昔の号外は腰に鈴をつけて大きな声で「号外!号外!」と売り歩いたものです。
号外の紙面をみながら大人たちが集まって、「これからどうなるんだろう」と話し合っているのを憶えています。
彼の死により日本の株価は一日に10%以上の大暴落をします。これが「スターリン暴落」です。
他国の指導者の死がこれほど株式市場に影響したのは、後にも先にもスターリンだけでしょう。

下に写真を載せていますが、かなり修正されていて実物はこんなハンサムでは無かったようです。
おまけにロシア人としては背が低く(辺境の出身で背が低いのはヒトラーも同じ)、そのため椅子に座っている映像が多く、立っている場合は上半身しか写さない。民衆の前で演説したことがないのも、容姿コンプレックスが原因でしょうか。
c0051938_8581714.jpg

スターリンは権力を握ると恐怖政治をしき、反対勢力に対する虐殺、批判者に対する粛清や強制収容所送り、農民への過酷な収奪による餓死などで、およそ4000万人の犠牲者を出したといわれています。
この数字は第二次大戦での全世界の死者に相当するというのですから、いかに酷いものか分かると思います。
スターリンは、部下に対して常に粛清をちらつかせながら接するようになった。スターリンの質問に「No」の返事をすると粛清であり、曖昧な返事でも粛清であり、返事を即答できなければ粛清であったそうです。会話の時に目をそらしただけでも粛清の対象にされたとか。
被害妄想かと思われるほど猜疑心が強く、しまいには「自分の周りにいる人間は全て敵である」と思い出したというのですから堪ったもんじゃない。
死後もしばらくスターリンへの個人崇拝は続きますが、1956年になってようやく、当時のソ連共産党第一書記フルシチョフが党大会の秘密報告でスターリン執政期における暴政と個人崇拝を批判します。
これが「スターリン批判」で、世界的な影響を及ぼします。ハンガリー動乱や中・ソの離反などがそうです。

少し脱線してしまいましたが、軍用道路の最高地点が十字架峠と呼ばれています。
標高2,395mの標識です。
c0051938_8592076.jpg

ここのはエカテリーナ時代、ソ連邦時代、そしてグルジアが独立して以後の3つの十字架が建てられています。
c0051938_8595125.jpg

ここはドイツ兵の墓地です。
軍用道路は冬になると凍結するため脇にトンネルを掘り、冬場は車はトンネルを通って通行するのですが、このトンネル工事を捕虜となったドイツ兵にやらせたのです。その時の犠牲者を祀ったものです。
c0051938_904424.jpg

c0051938_911565.jpg


壮烈な独ソ戦をたたかったスターリンとヒトラーですが、不思議なことに双方ともに親近感を抱いていたことが明らかになっています。
スターリンはヒトラーを賞賛したことがあるし、ヒトラーは「スターリンは我々の無条件の尊敬に値する。彼は彼なりに並々ならぬ人物であり、半ば野獣、半ば巨人である」とまで言明しています。
実際にヒトラーの政治手法はソ連から多くを採りいれています。
独裁者同士というのはどこか惹かれ合うものがあるのでしょう。
スケールは小さいが、石原慎太郎と橋下徹の関係もそうかな。
また脱線。

私たちのバスと同じコースで現地の若者が4WDに分乗して観光に来ていました。
6人ですから定員オーバー、おまけに皆でビールを飲んでいました。大丈夫だったかなぁ。
c0051938_923440.jpg


十字架峠を出た辺りから道路は急速に悪くなり、いわゆる砂利道です。しかも所々に砕石が転がっているので、バスはそれを避けながら進んで行くのですが、前後左右に大きく揺られます。
気分の悪くなる人も出始めました。
途中、鉱泉水が湧くところでストップ、石灰石に酸化第二鉄が多く含まれているのでしょう。
この水を飲料水として販売しているようですが、要は鉄サビと同じ成分、健康に問題ないんでしょうか。
c0051938_931939.jpg

最終観光地カズベキ村へ到着。
雲のかなたにうっすら見えるのは、コーカサス山脈第二の標高をほこるカズベキ山(5,047m)です。
これを見たさにはるばるここまでやってきたのです。
c0051938_934477.jpg


復路は振動のせいかバスのクーラーが故障してより厳しい状況になりました。
ようやく昼食をとったホテルでトイレ休憩。
夕方になっていたので、2階のベランダから宿泊客が顔を見せていました。
このホテルは冬場スキー客で賑わうそうです。
c0051938_94411.jpg


夜9時近くにトビリシに戻り、「マスピンゼロ」というレストランで夕食にありつけました。
先ずグルジア国産ビールで乾杯!
c0051938_952029.jpg

後はワインを飲みながら、野菜ダンゴのサラダ
c0051938_954314.jpg

肉料理のジャンシュシェリ
c0051938_9611.jpg

小龍包のような形のヒンカリを食しました。
c0051938_962514.jpg

ここはピアノとバイオリンの生演奏が付いてました。
c0051938_973318.jpg

聴いているとロシア民謡の「黒い瞳」を演奏しているじゃありませんか。そんならと「カリンカ」をリクエストしたら「ここはグルジアだ。ロシアの歌はだめだ。」と撥ねつけられました。
その理屈はわかる。ならさっきの曲はどうなの?と言いたかったのですが、言語能力の貧しさから言えないんですね。

日本では「ロシア民謡」として一括りにされていますが、実際にはソ連時代の歌曲や第二次大戦下の戦時歌謡まで含まれています。
従って帝政ロシアからソ連邦時代を通して歌われた抒情歌(実際に短調の曲が多い)をひっくるめてロシア民謡と呼んでいるわけです。
大別すると
・帝政ロシア時代
・ロシア革命から雪解けまでの時代
・雪解け以後の時代
に分かれます。
私がリクエストした「カリンカ」は「黒い瞳」同様、帝政ロシア時代からの曲ですから民謡です。
グルジアのミュージシャンもこの辺りが分かっていないのかも知れません。

今回は脱線が多かったようですが、次回はトビリシの市内観光を中心に。
[PR]
by kanekatu | 2012-08-14 09:10 | ジョージア | Comments(2)

コーカサス三国旅行記(6)

いよいよバスで軍用道路を北上し、最初の町・ムツヘタに到着。
ここまでは軍用道路といってもアラクヴィ川沿いに高速道路並みの道を走りますから快適です。
c0051938_10443057.jpg


ムツヘタは紀元前4‐5世紀に栄えた町で、世界遺産に登録されています。
最初の観光は市内の小高い丘にあるジュワリ教会です。
聖ニノがここに十字架をたてたのが始まりで、6世紀にこの教会が建てられました。
c0051938_104395.jpg

高さ4mの十字架がある祭壇。
c0051938_1045386.jpg

教会は町を見下ろす丘にあり、展望台からムツヘタの町を一望できます。
中欧の都市を思わせる光景です。
コーカサスは西アジアに位置していますが、ここグルジアに来るとヨーロッパの香りがしてきます。やはりキリスト教国だからでしょうか。
c0051938_10452976.jpg


丘を下りて次はスヴェティツホヴェリ教会です。
バスを下車して市内を歩きます。この辺りはレストランや土産物店が並んでいる所ですが、周囲一帯の建物は米国風のデザインになっています。
c0051938_1046335.jpg

スヴェティツホヴェリ教会の入り口です。城壁を思わせますね。
c0051938_10484514.jpg

知り合い同士がバッタリ出会ったという光景。
「ガマルジョバ(こんにちは)」ってなもんですかね。
c0051938_1049499.jpg

教会の全景ですが、逆光で上手く撮れていません。
スヴェティツホヴェリ教会は5世紀に木造で造られたとされていますが、現在の姿は11世紀に建築家・アルスキゼが建てたものです。
c0051938_10492877.jpg

内部は18世紀のイコノスタシス(聖障、イコンで覆われた壁)。
c0051938_10495275.jpg

鐘楼です。
c0051938_10501356.jpg


ここから先は山道です。道路は舗装されてますので快適です。
しばらく山道を登ってジンヴァリ湖の辺にあるアナヌリ教会に着きました。
アナヌリ教会は17世紀、この地の領主だったアラグディは外敵の侵入を防ぐために建立しました。
西洋の教会はこのように城砦を兼ているものが多いのです。
c0051938_1051844.jpg

教会の入り口です。
c0051938_10512862.jpg

祭壇ですが、以前は壁全体にフレスコ画が描かれていましたが、ソ連邦の宗教弾圧政策により上から漆喰が塗られてしまいました。今は少しずつ修復が進んでいます。
c0051938_10514234.jpg

教会と湖、絵になります。
c0051938_10515715.jpg

ジンヴァリ湖はダムのために造られた人造湖です。
山の中の湖というのは、どこか寂しげです。
c0051938_10532764.jpg

「湖畔の宿」の歌詞を思い出します。
山の淋しい 湖に
一人来たのも 悲しい心
胸の痛みに 耐えかねて
昨日の夢と 焚き捨てる
古い手紙の 薄煙り

この後、グダウリハットホテルという所で昼食をとりました。
午後は十字架峠を目指します。
[PR]
by kanekatu | 2012-08-11 10:56 | ジョージア | Comments(2)

コーカサス三国旅行記(5)

グルジアという国名をきいて先ず頭に浮かぶのは、年配の方ならスターリンでしょう。スターリンは小国グルジアの出身なにの大ロシア主義だ、スターリンだけは絶対に指導者にしてはならないとレーニンが訴え続けた、あのヨシフ・スターリンです。
20世紀が生んだ世界三巨悪の一人。後の二人は言うまでもなくヒットラーと毛沢東。
若い方なら大相撲の「黒海」の出身地といえば分かるでしょうか。可愛らしい現地ガイドのクリスティーナさんは黒海とは若いころからの知り合いだとか。あのむつけき男と同年代なんて信じられない。
国名は1995年まではグルジア共和国でしたが、現在はジョージア、英文名でGeorgia。オリムピックの表示もGeorgiaになっています。
日本語ではグルジアと表記されていますが、同国政府は「ジョージア」への表記変更を日本政府に求めています。その理由はグルジアがロシア語に基づくからだそうで、それだけ反ロシアの感情が強いという証です。

地図を下に示していますが、コーカサス山脈の南麓、黒海の東岸に位置しています。南オセチアとアブハジアが独立状態となっています。
北側にロシア、南側にトルコ、アルメニア、アゼルバイジャンと隣接。
c0051938_7211676.jpg

古来より数多くの民族が行き交う交通の要衝であり、幾たびもの他民族支配にさらされてきましたが、キリスト教信仰をはじめとする伝統文化を守り通してきました。
また温暖な気候を利用したワイン生産の盛んな国としても知られています。

首都はトビリシ。
面積:69,700k㎡、日本の5分の1、四国とほぼ同じ。
人口:約430万人
民族構成:グルジア人(70.1%)、アルメニア人(8.1%)、ロシア人(6.3%)、アゼルバイジャン人(5.7%)など
言語:公用語はグルジア語
宗教:グルジア正教(65%)、イスラム教・スンニ派(11%)、ロシア正教(10%)、アルメニア正教(8%)など
一人当たりGDP:4,862ドル、アゼルバイジャンの半分程度
通貨:ラリ(GEL)、1ラリ=約50円
国旗はキリスト教を表す赤い十字架で、独立後のバラ革命を経て2004年に制定。
c0051938_7215632.jpg


グルジア観光第一日目は軍用道路を北上し、トビリシから北オセチア国境付近まで往復するというコースです。
「グルジア軍用道路」とは、トビリシからロシア連邦の北オセチア共和国の首都ウラジカフカスまで続く南北全長約210kmの道のことを指します。
18世紀に帝政ロシアの南下政策のために作られたので、この名が付けられています。
c0051938_7224023.jpg


これからグルジア正教の教会をいくつか見学することになりますが、先ず聖ニノについて説明する必要があります。
伝承によれば聖ニノはカッパドキアの出身であり、聖ゲオルギウス(国名のグルジア、Georgiaの語源)の親類で、聖母マリアから葡萄の枝の十字架を貰いコンスタンティノープルからグルジアに来たとされています。
彼女は奇蹟的な癒しを行い、異教徒のイベリア王ミリアン3世を改宗させ、ミリアン王はキリスト教を327年に国教としました。ニノはグルジアにおける伝道活動を死ぬまで続けたとされています。
写真はこれから見学するジュワリ教会内にある聖ニノのイコンですが、左手には聖書、右手には彼女を象徴する葡萄十字架を掲げています。
写真の右下に半分切れてしまいましたが、これが聖ニノが持ってきたとされる十字架です。
c0051938_7233690.jpg


左側で説明している女性が、グルジアの日本語ガイド・クリスティーナさんです。
閑話休題。
ここでクリスティーナさんについて少し説明します。
グルジア国内で日本語が話せる人は数人しかいないそうで、貴重な存在なのです。
彼女の父親は空手をやっていた関係から日本に関心があり、彼女の幼い頃から日本について語ってくれたそうです。
やがて彼女も空手を習うようになり、中学生で初段になります。同じ時期に大相撲の黒海がレスリングをしていて顔見知りだったよし。
日本への興味は募るばかりで、トビリシの大学では日本語学科に進みます。しかし日本人の先生ではないので本格的に勉強するためモスクワの大学に修学します。
卒業後、日本へ語学留学で半年学び憧れの日本の地を踏むことができました。
ここで帰国することになるのですが、たまたま愛知万博にコーカサス三国のブースを設けることが決まり、そのグルジアコーナーでの日本語説明員に応募したところ採用が決まり、そこから更に半年間日本に滞在することができたということです。
幼いころからの夢だった日本、そこに通して1年滞在できたというのが、彼女にとって最高の幸せだったと語っていました。
現在は通訳や観光ガイドの仕事をしており、年に一度は日本に来ているそうです。
ツアー客の中の目ざといオジサン(70代)は、彼女が訪日したときに逢う約束をしてました。いい年してマメだねぇ。

次回はグルジア軍用道路の観光です。
[PR]
by kanekatu | 2012-08-09 07:25 | ジョージア | Comments(2)

コーカサス三国旅行記(4)

昼食を終え、旧市街の町並みを見ながら次の観光地まで徒歩で。
c0051938_12382012.jpg

写真の左端はバクー市内を走る地下鉄の入り口です。
c0051938_12384032.jpg

一歩裏道に入るとこういう風景も見られます。
c0051938_12391083.jpg

坂の右側がこれから訪れるシルヴァン・シャフ・ハーン宮殿です。
c0051938_1239365.jpg

こういうモダンな超高層ビルが次々と建てられているようです。
c0051938_1240426.jpg

公園で家族が写真を撮っていました。
c0051938_12402670.jpg


”シルヴァン・シャフ・ハーン宮殿”は14-16世紀にこの地方を支配していたシルヴァン・シャフ一族の宮殿で、カリルッラー1世によって建てられたものです。
この建物はディワンハーネといい、王の謁見の間でありかつ裁判所としても使われていたようです。
c0051938_12412035.jpg

c0051938_12425164.jpg

リビングルームだった所は博物館になっていて、その当時使用されていた様々な道具やアクセサリー、食器などが展示されていました。
写真はシルヴァン・シャフ王朝の系図で、説明を受けたけど理解不能。
それぞれの展示コーナーには女性の係員が眼を光らせておりました。
c0051938_12431137.jpg

この博物館では民族衣装の貸し出しもしていて、若いカップルがレトロな格好で記念写真を撮っていました。
でもこの背景、どうなんでしょうね。なんか卑猥な・・・って、やめときあしょう。
c0051938_12433123.jpg


この後はアゼルバイジャン観光のラスト、カスピ海クルーズです。
私は以前に東側のトルクメニスタンで経験していますが、あちらでは漁船でした。
そこいくとこっちはちゃんとした遊覧船、レベルが高い。
c0051938_12442660.jpg

港の近くはこのように建設ラッシュです。
c0051938_12444353.jpg

バクー市内の中心部の光景です。
c0051938_1245275.jpg


クルージングを30分ほどで切り上げ、バスでバクー空港へ。
19:25発 QR976便にて約1時間、グルジア・トビリシ空港に到着。
市内の"Sololakis Kari"というレストランで夕食。
こういうチーズが出てきました。
c0051938_124684.jpg

メインはシャフリといって、牛肉とジャガイモ、豆を煮こんだ料理で、これも美味でした。
c0051938_12463950.jpg

ただ生バンドが入って大音量で音楽を演奏していて会話が全く聞こえません。
旅行者には不向きな店です。
[PR]
by kanekatu | 2012-08-06 12:48 | アゼルバイジャン | Comments(2)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る
更新通知を受け取る