タグ:アドリア海 ( 3 ) タグの人気記事

西バルカン6ヶ国周遊記11(モンテネグロ2回目)

過去には旅行記は3日に1回の割合いでアップしていましたが、そうすると終り頃には記憶が薄れてきます。今回は忘れないうちにとピッチを上げて書いています。
モンテネグロ2番目の訪問地はコトルで、ここだけは2回目になります。
アドリア海沿岸のボカ・コトルスカという地域は複雑に入り組んだ湾を形成していますが、その最奥に位置しているのがコトルです。
コトルは背後に険しい山をひかえ城壁が築かれるなど要塞都市として栄えました。かつて貿易によて得た富で築いた旧市街は中世の面影を残し、世界遺産に登録されています。
1979年の大地震で大きな被害が出ましたが、その後の復旧活動によりかつての姿を取り戻しています。

聖トリプン大聖堂はローマ・カトリックに教会で、塔以外は1160年創建のままの姿をとどめています。塔は地震後に再建されていて、よく見ると左右が少し違います。
c0051938_8491631.jpg

聖ルカ教会は1195年創建の東方正教の教会。右上部に城壁の一部が見えます。
c0051938_8493710.jpg

旧市街の背後のそって聳える山に沿って築かれた城壁は高さ20m、長さは4.5㎞に及びます。頂上まで片道1時間かかるという事で断念しました。
c0051938_8495528.jpg


旧市街の情景は説明不要と思います。散歩するつもりで画像をご覧ください。
c0051938_8503870.jpg

c0051938_8505386.jpg

c0051938_851629.jpg

c0051938_8512745.jpg

c0051938_8514060.jpg

c0051938_8515369.jpg

c0051938_852673.jpg

c0051938_8522834.jpg

c0051938_8525899.jpg


コトルからクロアチア国境近くに至るアドリア海海岸線は絵のような美しです。風光明媚という言葉がピッタリ当てはまる光景です。
c0051938_8553912.jpg

バスで通過しただけなので確認はしていませんが、この辺りはヘルツェグ・ノヴィの街かと思われます。かつては重要な軍事拠点でしたが、今はモンテネグロ観光の拠点とされています。
c0051938_856296.jpg

c0051938_8562041.jpg

c0051938_8563753.jpg


モンテネグロは国民一人当たりGDPで比較すると、今回の訪問国ではトップです。
国名の由来はアドリア海沿いの山々に木が繁り、黒く見えたからだという事で自然の豊かさの現れと言えましょう。小国ながら国立公園が4カ所もあり、その一つは世界遺産にも登録されています。
全長293㎞の海岸線のうち73㎞がビーチという観光資源にも恵まれています。短い滞在期間でしたが魅力的な国として印象に残りました。

次の訪問国はボスニア=ヘルツェゴビナですが、この辺りの国境が入り組んでいて一度クロアチアに入ってからボスニアへ向かうというコースをとりました。
昼食はクロアチアのドブロヴニク市内となりました。
[PR]
by kanekatu | 2014-06-26 08:58 | モンテネグロ | Comments(0)

クロアチア・スロベニア旅行記(8)

海外旅行の楽しみは、観光地を見て歩く事にありますが、それに劣らず移動中に車窓から見える景色や人々の暮らし、これがもう一つの旅の楽しみです。
旅行によってはむしろ後者の方がメインになったりしますので、体調不良さえなければ、ずっと起きていて景色を眺め続けることにしています。
ツアー客によっては移動時間は睡眠時間とみなすのか、寝てばかりいる人がいますが実にモッタイナイ。
飛行機も日本からの往復は長時間にわたるので、出来るだけ通路側を確保しますが、先方の国内移動の際には窓際の席を取り、上空から国土の様子を観察することにしています。
その他、自由時間がある時は、電車や路線バスなどその国の公共交通機関を利用します。毎回新しい発見があって、本当に楽しいですよ。

ツアー7日目はドブロヴニクからプリトヴィツェに向かって終日移動日です。景色はどこも美しく、車窓から見ていて飽きることはありません。
ドブロヴニクの遠景写真を撮っていましたら、たまたま日本からの豪華客船「飛鳥Ⅱ号」が港に停泊していました。
c0051938_10392752.jpg


復路は海岸線を北上し内陸部を東に向かいます。
見慣れたアドリア海ともしばしのお別れです。
c0051938_10394586.jpg


バチーナ湖です。唄の文句じゃないけれど、山の中の湖というのはどこか寂しげな風情がありますね。
c0051938_1040150.jpg


この辺りは盆地になっていて、クロアチアの穀倉地帯です。オレンジの栽培が盛んだそうです。
c0051938_10401472.jpg


ヴェルベート海峡にかかる橋を渡っているところです。
クロアチアは現在高速道路の整備を進めていて、現在は首都ザグレブからスプリットまで高速で結ばれています。将来はドブロヴニクまで延長される計画があるようですが、そうなるとあの見事な海岸線の景色が見られなくなる可能性があり、旅の魅力が半減してしまいます。
c0051938_10403375.jpg


およそ9時間かけて、ようやくプリトヴィツェ近郊のKORENICAという町に到着、今晩はここに投宿です。
ホテル「マコラ」の3階は屋根が傾斜している影響から、窓際に行くと極端に天井が低くなって、腰をかがめないといけません。うっかりすると天井に頭を打ちつけることになり、危険です。宿泊客の殆んどが日本人でしたので、日本の旅行会社指定ホテルなのでしょうが、このホテルはやめた方が良い。
c0051938_1041211.jpg


夕食前にホテルの付近を散策しました。
サイクリングに来ていた少女たちです。10才と言っていました。どこの国へ行っても、子ども達が英語で話しかけてくるのは感心します。
c0051938_1041366.jpg


毎回の旅行で母子の写真を撮っていますが、今回なかなかチャンスが無かったのですが、ベビーカーを押して散歩している母子をみつけてカメラに収めました。二人並んでいるところを撮りたかったのですが、母親が照れて離れてしまったので、別々の写真となりました。
上下のジーンズに赤い靴下、ピンクのスニーカーとなかなかオシャレな服装をしています。
c0051938_1041524.jpg


笑顔が素敵なママです。
c0051938_1042728.jpg


明日はプリトヴィツェ国立公園の見学です。
[PR]
by kanekatu | 2008-06-05 10:44 | クロアチア | Comments(0)

クロアチア・スロベニア旅行記(5)

アドリア海沿岸の最大の街であるスプリットは、3-4世紀に活躍したローマ皇帝ディオクレティアヌスの宮殿がそのまま街になったという世界的にも珍しい都市で、世界遺産に登録されています。
ではディオクレティアヌス帝とはどういう人物だったのか。3世紀のローマ帝国はペルシャ帝国などとの戦いにより国家存亡の危機に陥っていました。軍人から皇帝になったディオクレティアヌスは、帝国の防衛のために領土を4分割統治し、未曾有の危機を乗り越えました。同時に官僚制や税制の改革を行なった皇帝としても知られています。
しかしディオクレティアヌス帝が名を馳せたのは、なんといってもキリスト教への迫害であり、キリスト教を弾圧した最後の皇帝となりました。
又、天命を全うし、自らの意思で退位した唯一のローマ皇帝でもあります。
ローマ帝国滅亡後に、多くの異民族が流れ込んでこの宮殿内に住みつき、街が形成されてゆきます。

かつての宮殿の様子で、四方は堅牢な城壁に囲まれていました。現在この城壁もそのまま商店などの建物として活用されています。
c0051938_1044092.jpg


宮殿南側の黄銅の門付近で、かつてはこの辺りは海でしたが、現在は埋め立てられ海岸通りとなっています。商店の建物が、かつての城壁になります。
c0051938_10445092.jpg


宮殿入り口で、通路の両側は土産物店が並んでいます。緑色に見えるのは、ライトアップのせいです。
c0051938_1045522.jpg


この宮殿は1階と地下が全く同じ造りになっているので、地下を見ればかつての宮殿の様子が分かるのです。なぜ地下が昔の状態を保っていられたのかというと、地上に住む住民のゴミ捨て場になっていたため、良好な保存状態になっていたわけです。
c0051938_10452889.jpg


宮殿には東西と南北の2本の道路はあり、その交差する場所をペリスティルと呼んでいます。現在もスプリット旧市街の中心地でもあります。
この右側に大聖堂がありますが、大き過ぎて写真に収まりません。
c0051938_1045474.jpg


北側にあたる金の門です。
c0051938_10455968.jpg


通行人の女性ですが、特に意味はありません。好みだったもので・・・。
c0051938_10461341.jpg


東側の銀の門付近です。ここから見ると往時の城壁の様子が良く分かります。
c0051938_10462910.jpg


市立博物館です。15世紀に建てられた後期ゴシック様式の建物です。
c0051938_10464427.jpg


昼食は魚料理です。一口食べてから気が付いたので、少々お見苦しい。クロアチチアの料理は、沿岸部は魚が主体なので食べやすく美味です。野菜は豊富ですが、フルーツは特に見るべきものがありません。パンが付いていないことが多く、その分やや物足りない感じが残ります。
c0051938_10465989.jpg


午後は次の目的地ドゥブロヴニクに向かって、ひたすら海岸線をバスで走ります。実はクロアチア旅行の最大の見所は、この時の海岸線の美しさです。太陽がある時は真正面から、後ろから、右から、左からと、頻繁に位置がかわります。それ程この海岸線は入り組んでおり、海峡、入り江、河口、半島、それに大小様々な島が重なり、複雑な海岸線を形成しています。その美しさは例えようがありません。
残念なのはバスの車窓からしか見られないことで、写真では到底伝えることが出来ません。
それでも何枚か写真を撮りましたので紹介しますが、バスのガラス越しのため写りは良くありません。
c0051938_10471754.jpg

c0051938_10473061.jpg

c0051938_10474295.jpg

c0051938_10475598.jpg


途中ネウムという町を通りましたが、ここだけはボスニア・ヘルツェゴビナになります。クロアチアはここでいったん切れていて、この先は飛び地になっています。だから一瞬だけボスニア・ヘルツェゴビナに入国し、直ぐに出国することになるわけです。
トイレストップを兼ねて、ここのスーパーで買い物をしましたが、これが安い。ミネラルウォーターなど半値近く、私たちは皆この店で土産物などを買いだめをしました。
c0051938_10481154.jpg


ネウムの町の風景です。
c0051938_10482281.jpg


泊りはドゥブロヴニクから車で15分位の所にあるツァウタットのホテル「アルバトロス」です。ホテルの直ぐ傍の海岸風景です。アドリア海は水もキレイですが、波が全くありません、写真のようにまるで湖水のように静かな海面です。
c0051938_10484046.jpg


次回はいよいよドゥブロヴニクの観光です。
[PR]
by kanekatu | 2008-05-27 10:59 | クロアチア | Comments(0)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る