タグ:ヤンゴン ( 3 ) タグの人気記事

ミャンマー紀行’06 その11

ヤンゴンは三方を川に囲まれた町で、かつては貿易港として繁栄していました。中心部は賑やかなダウンタウン、北部は公園や湖が多く緑豊かで、他のアジア諸国の首都と比べても、とても落ち着いた雰囲気があります。
c0051938_0364816.jpg

ヤンゴン観光の中心はシュエダゴンパゴダです。
修験者として修行をつみ、菩提樹の下で悪い精霊神との戦いに勝ったゴータマ仏陀は、7つの地方で7日づつ49日間瞑想に耽り、最高の法悦の境に至ります。
ある日サンザシの樹下にいた時に、ヤマンヤ国から二人の兄弟がやってきてゴータマ仏陀に礼拝します。仏陀は二人に8本の聖髪を与え、兄弟はそれをモン族の王に届けます。
王はその聖髪を、既に過去仏となっていたカクタン仏陀、コーナゴーン仏陀、カタバ仏陀の遺髪と共に、シュエダゴンパゴダに納めました。紀元前585年のこととされています。
その後、何回も拡張工事が行われ、現在のパゴダの原型は15世紀半ばに、バゴーの女王シンソープによって完成されました。
高さは99.4m、基底部の周囲が433m、貼られている金箔数が8688枚、塔の最上部には76カラットのダイヤをはじめ5451個のダイヤ、1383個のルビー、その他多くの宝石や貴金属がちりばめられているという豪華さです。
全てお布施されたものであり、ミャンマー人の信仰の深さを示しています。
c0051938_0372028.jpg

パゴダの周囲を60を越える塔が囲んでいて、更にその外側に沢山の寺院が建造されています。
境内をブラリと1周するのに1時間は掛かります。
c0051938_0374811.jpg

1778年鋳造のマハガンタの釣り鐘の前で、オメカシした子ども達が記念写真を撮っていました。
c0051938_0381043.jpg

東西南北に4つの門があり、パゴダの周囲には8曜日に因んだ仏像が置かれています。
私たちが使っている7曜日のうち、水曜が午前と午後に分かれて、8曜日となります。
参拝に訪れた人々は、それぞれ自分の曜日の仏像を拝みます。
ですからどの仏像を拝んでいるかによって、その人の誕生曜日が分かる仕組みになっています。
c0051938_0383172.jpg

ミャンマーの人々は、この誕生の曜日がとても重要なのです。
先ず名前ですが、通常の苗字にあたる部分が無くファーストネームだけになります。その時に誕生曜日を必ず名前の中に入れるのだそうです。
例えば金曜日に生まれた人は、名前の中に“TH”又は“H”を入れることになり、“THIN(ティン)”や“HLA(ラー)”という名前になります。
星座は金星で、方角は北になりますので、パゴダの北側に守護神が祀られています。守護動物は“モグラ”、これはどうもトラや象、ライオンなどに比べると頼りない感じがします。
金曜日生まれの人の性格は“わがまま、話し好き”とありますので、少々難有りというところでしょうか。

金曜日生まれの結婚の相性ですが、火曜日生まれの人とはバッチリですが、月曜日生まれの人とは組合せが悪いので結婚しないほうが良い。付き合っていた彼女とパゴダでデイトした時、東側の仏像に手を合わせていたら、この人は月曜日生まれだから結婚は諦めるしかありません。
これは決して旧い迷信ではなく、今もそうして結婚相手を選んでいるそうですから、誕生曜日はその人の人生を決めることにもなります。
ミャンマーの理髪店は月曜日が定休日ですが、これは仏陀が出家して髪を切ったのが月曜日だったからだそうです。
このように誕生曜日は、ミャンマーの人々の生活の隅々まで入り込んでいます。

我々日本人は、ビルマといえば“竪琴”ですね。9世紀には演奏したという記録があるそうですから、古くからある楽器です。昔は3弦だったのがその後少しずつ数が増え、今では16弦が標準です。
演奏する音楽に合わせて、1本ずつ弦をチューニングするそうですから、かなり難しい楽器ですね。
“癒し系”の美しい音を響かせていました。
c0051938_0385984.jpg

[PR]
by kanekatu | 2006-02-25 00:40 | ミャンマー | Comments(0)

ミャンマー紀行’06 その8

さてパガンの夜景を見た翌日、早朝ヤンゴンに向け出発することになり、朝陽が昇る直前のパゴダ群の中をバスで通りましたが、その美しさは夕暮れ時の比ではありません。
息を飲む光景というのは、ああいう景色の事をいうのでしょう。
真に残念ながらバスを止めて写真を撮ることは叶わなかったのですが、もし皆さんの中でこれからミャンマーに行かれるのでしたら、是非夜明け前のパガンの光景が見られるような計画を立てることを、強くお勧めします。

ヤンゴン行きの飛行機は、当初は直行の予定でしたが、直前になってマンダレー経由となりました。こんなことはミャンマーでは日常的なのです。
今回乗った国内便は、常に満席に近く、それだけミャンマーを訪れる人が増えているのでしょう。ヨーロッパからの観光客が多いようで、インドと似ています。

ヤンゴンからバゴーに向かいましたが、ヤンゴン市内はさすがに交通量が多くなります。車は日本の中古車が人気だそうで、今から40年前くらいの日本車が現役で走っています。車体に日本の文字が書いてあるのはカッコいいんだそうで、会社名は勿論ナンバープレートまでそのまま付けられています。
日本の乗用車の性能が良いことは、今や世界共通の認識です。
ミャンマーでも国産乗用車が生産されていて、政府は国内製品保護のために外国の車には相当に高い関税を掛けているのですが、性能が悪くあまり使われていないようです。

ガソリンは配給制で車1台あたり2ガロンとのこと、多分イギリスの度量衡でしょうから約9リットルと思われますが、当然それでは足りず、後はヤミ価格で相当な高値になります。
前に両替について書いたように、ミャンマー経済は統制経済とヤミ経済が共存していて、後者が支配的のようです。
例えば、家に電気を引こうとして申し込むと、電力メーターの取り付けにとてつもない時間がかる。時には2-3年も待たされるので、急ぐ時はヤミで入手するしかない。
携帯電話は憧れの商品だそうですが、これも一般では入手が不可能だそうです。
軍の幹部なら入手し易いので、どうしても必要な場合は彼らから譲って貰うことになります、今回の現地ガイドの場合ですと、35万円ほど支払ったと言ってました。処が現在は更に価格が跳ね上がり、今では70万円近く出さないと、携帯電話は入手できないそうです。
ミャンマーの賃金レベルですが、安い人は日給100円程度と言っていましたから、70万円という金額は想像を超えます。

ミャンマーはかつて社会主義的な経済政策を採っていましたので、公務員が多い。処が彼等の賃金はとても安く、とても給料だけでは生活が出来ません。従ってワイロを取ったり、アルバイトをしたりして、生活費を稼ぐことになります。
教師なら自宅で塾を開き、学校授業で足りない所を教える。進学を目指すなら、そうした塾へ通わなければならない。
交通整理をしている警察官の周囲で、何か集金をしている男がいるのでガイドに尋ねたら、警官のワイロを代理で集めているとか。
警官にワイロを掴ませておくと、渋滞のときに優先的に車を通してくれたり、急いでいる時は信号を青に変えてくれるなどの便宜を計らって貰えるのだそうです。

公立病院の診療費はタダですが、十分な医療が受けられない。お金がある人は自ずと私立病院に行く。
入院すると、医者に診察して貰うのに1回で千円、有名な医者なら3千円程度キャッシュで払うことになるそうです。3回なら3倍になるので、大変な負担です。看護婦に来て貰うにもやはり金が必要になる。
手術になれば、又お金です。
こうした費用だけで一日1万円近く飛んでしまうこともあるそうです。

ミャンマーは市場経済が未発達です。
こうした社会では、お金より物で持っていた人の方が強い。宝石や貴金属の店が目に付くのは、そのせいでしょう。しかしそうした市場は、主に華僑が支配していますので、オイシイ所は皆彼らに持っていかれてしまう。この点は他のアジア諸国と同じ事情ですけど。

と、ここまで書いて、余りに気分が悪いので体温を計ったら、37.8℃でした。
そういうわけで、今回はここまでとします。
[PR]
by kanekatu | 2006-02-11 20:23 | ミャンマー | Comments(0)

ミャンマー紀行‘06 その2

午前のJAL便でバンコクへ、乗り継ぎが悪くトランジットで4時間以上待たされた後、ミャンマー航空で約1時間、首都ヤンゴン国際空港に到着です。
今回で39カ国目ですが、過去の国際空港の中で最も寂しい空港でした。日本国内の空港でいえば、南紀白浜空港程度の規模でしょうか。駐機中の航空機もなく、出発ゲートも1ヶ所です。
売店が一軒も無いですし、一番驚いたのが空港に両替所が見当たらないことです。

後で聞いた話ですが、ミャンマーは国内線を含め、航空機は外国人優先だそうです。
従って、通常一般市民が飛行機に乗る機会は無いそうです。

ミャンマーの基本通貨はチャット(K)ですが、政府が決めた現在の公定レートは US$1=6.27Kです。処がレストランでビールを頼むと1本2000Kくらいしますから、それでは日本円で36000円となります。
そんなバカな話はないわけで、誰も銀行で両替などしないのです。
どこで両替するかというと、闇市場です。といっても公然たる闇市場ですから、ホテルや商店どこでも両替が可能です。
因みにレートは平均で US$1=1000Kでした。公定レートなど無視される筈です。
両替に限らずミャンマーの経済は、その多くが闇市場で支えられています。
というわけで、レストランで大瓶ビールを飲むと2000K、つまり250円程度で飲めますので、今回は“ミャンマービール”(味は日本のラガービールに近く飲み易い)をジャンジャン飲みました。

ヤンゴンのホテル到着は深夜となりましたが、宿泊した“トレーダースホテル・ヤンゴン”は、予想以上に設備が整っていて快適でした。TVではNHK-BSも見られます。
日本人スタッフが常駐していますので、言葉の不自由もありません。
旅行社から事前に、ミャンマーは外国人旅行を受け入れて間が無いので、ホテルの設備は劣ると脅かされていましたが、この後のホテルを含めて、どうしてどうして立派なものです。
どこのホテルでも無料ミネラルウオーターが2本、必ず部屋に置かれていましたので、観光中に水を買う必要が無かったのです。

ここでミャンマーのホテル事情に触れたいと思います。
今回の旅行で泊まったホテルでは、共通して従業員のサービスが行き届いていました。チェックインの時は、客一人一人に係員がついて、部屋まで案内してくれます。
恐らくは従業員一人当たり客3-4名を担当しているらしく、早朝に部屋を出ても近くに従業員がいて挨拶してくれます。
食事で部屋を空けて戻ると使用したタオルが全て取り替えてありますし、そして何よりも従業員がいつもニコニコと微笑を浮かべているのは、とても気分が良いものです。
愛想が良いのはミャンマーの国民性らしく、商店やレストラン、どこへ行っても笑顔で迎えてくれます。
ある中華レストランでは、帰りに店の前に従業員全員が出てきて手を振ってくれました。こんな国は、ミャンマー以外どこも無いでしょう。
「微笑みの国」というキャッチコピーは、嘘ではありません。

好評の“世界の美女シリーズ”です。
写真は、ホッパマウンテンリゾートのレストランのウエイトレスです。カメラ馴れしていないのか、表情が少し固いですが、実物はもっと笑顔が素敵でした。
c0051938_985372.jpg

もう1枚、バゴーのみやげ物店で出会った売り子さんはカメラ目線で、いずれも典型的なミャンマー美人です。
c0051938_991213.jpg

これらの写真を見て、ミャンマーに行きたくなる男性が表れることを祈ります。
[PR]
by kanekatu | 2006-01-22 09:12 | ミャンマー | Comments(3)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る