タグ:喜田豊 ( 3 ) タグの人気記事

荒れる中学校と生徒会活動(7)

喜田豊の家は、私の家から2-3分のところにあり、小学校の直ぐ近くで文房具屋をしていました。
喜田の母親というのが、とても穏やかな優しい人でしたし、彼の下に弟が二人(この3兄弟は揃って成績優秀)いた関係で、私はしばしば喜田の家に遊びに行きました。
喜田も我が家に遊びに来るのですが、私の母は必ず“おや、シンキチさんが来たよ。”と言ってました。
喜田が新聞気違いなので、シンキチと名づけたのです。喜田は怒った顔を見せたことが無く、いつもニコニコしており、きっと母親の性格を受け継いでいたのでしょう。

齋藤誠の生徒会改革や、我々の生徒会新聞がどれだけ効果があったのかは分かりませんが、学校全体の努力もあって、荒れた学校も徐々に落ち着きを取り戻し、暴力沙汰も減ってきました。
齋藤と喜田は、その後豊玉高校に進みましたが、齋藤はやはり家庭の事情から家を出て、祖父の実家がる能代に移り、能代高校に転入しました。能代では同人雑誌を創刊し、小説を書いてました。
齋藤は、人を集めたり動かしたりするのが巧みで、若い時からリーダーの素質がありました。
大学のときに再び東京に出てきて、一人で下宿し、昼間は働いて生活費を稼ぎ、夜は夜間に通う勤労学生でした。その当時に芝居にのめり込んで、卒業後は業界紙の記者をしながら、アマチュア劇団を主宰して、現在も演劇活動を続けています。
そういう意味では、初志を貫徹したと言えるでしょう。

喜田は学芸大学に進み、卒業後は念願の高校の夜学の教師になりました。社会科の先生で、私も一度授業を見学させて貰ったことがあります。現在も都立高校の教師をしており、彼もまた初志を貫徹しています。

一人、私だけは家の経済事情から大学進学を諦め、工業高校に進みメーカーに就職しました。
齋藤、喜田という素晴らしい友人と知り合い、思い出深い中学生活を送れたなと、つくづく感じます。

中学時代の思い出は、今回で終了します。
次回からは、別のシリーズを予定していますが、期日は未定です。
[PR]
by kanekatu | 2005-04-12 01:14 | 生い立ち | Comments(0)

荒れる中学校と生徒会活動(6)

生徒会新聞を発行することが決まり、新聞部員を募集しました。
1-2年生から数名の応募がありましたが、この中に1年生の喜田豊がいたのです。
中1の彼が、どこでどう覚えたのか分かりませんが、新聞の割付、見出し、リードの書き方を既に身につけていました。しかも彼は、ガリ板を切るのが上手かった。
当時の謄写版というのは、ロウ紙をガリ版と呼ばれる表面にヤスリのようにザラザラした鉄板の上に置き、その上から鉄筆で字を書くのです。書いた部分のロウがはがれて、そこからインクが染み出して、字が転写できるという原理です。5mm四方くらいの小さな升目の中に、一字一字書いてゆくのですが、このときの字体が悪いととても読みづらくなります。鉄筆で書くときの力が弱いと印刷の字がかすれますし、あまり強く書くと今度はロウ紙に穴があきます。
字を間違えると、一応修正液はあるのですが、やはり字が汚くなります。ですから細心の注意が必要になります。見出しやイラストを書くのは、更に難しい。
結局これらを全て出来るのは、喜田しかいなかった。喜田が切ったガリ版は、謄写版印刷で(一昔前のプリントごっこを思い出してください)600枚くらい刷れました。それでも全校生徒に配布する1600部を刷るには、片面3枚、両面で6枚のガリ版を切らなくてはならないのですが、殆ど喜田一人で作業していました。
最終的には、齋藤がネタを考え、私が記事を書き、喜田がガリ版を切るというふうに、3人で新聞を作りました。
当時、毎日新聞が学校新聞コンクールというのを開催していたのですが、これに私たちの新聞が入選したこともありました。それだけレベルが高かったのです。
[PR]
by kanekatu | 2005-04-10 01:46 | 生い立ち | Comments(0)

荒れる中学校と生徒会活動(5)

齋藤誠の生母は、幼い頃亡くなっており、家族は実父と義母、義妹の4人家族でしたが、家庭内における彼の立場は微妙でした。
“素人演芸会”の収録は平日でした。今なら家族総出で応援ということにもなるんでしょうが、齋藤の家庭はそんな事を言い出せる状況は無かった。朝いつもの通り登校するふりをして、ラジオ局のスタジオ入りだったのです。
齋藤からその話を聞いた私の母は、それじゃあ余りにも本人が可愛そうだと、近所の人を誘って会場に応援に行きました。母は侠気のある人で、彼が継母で苦労していると思い込み、何とか力になろうと考えたのでしょう。

さて、齋藤誠の生徒会活動に話を戻しますが、彼は学校が荒れるのは管理教育に原因があると考えた節があります。だから、生徒の自主性を伸ばすような学校側の対応を求めたし、生徒会活動についても、自主的、民主的な運営が必要と考え、生徒会活動の改革に乗り出しました。
その一つとして、生徒会新聞を発行することを思い立ったのです。
当時どこの中学でも、学校新聞というのは発行されていましたが、生徒会機関紙は非常に珍しかった。
生徒会では彼の提案が承認されたのですが、問題は誰が新聞を作るのかということです。
無論、当時はコピーやゼロックスは無く、印刷手段といえば、謄写版(一名ガリ板)しかない時代でした。
わら半紙裏表印刷で、1600部を謄写版印刷するというのは、尋常ではありません。

そこに、新聞作りの名人、喜田豊が登場します。
[PR]
by kanekatu | 2005-04-07 22:18 | 生い立ち | Comments(0)

憂きな中にも旅の空


by kanekatu
プロフィールを見る